公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

めがね先生

PROFILEめがね先生プロフィール

めがね先生

「国語は読むことだけでなく,書くことも同時に大切!」という考えから,国語の勉強でちょっと行きづまったら作文を書くことをすすめています。自分が伝えたいことを正確に伝られるようになると,国語の力はもっと成長します。いっしょにがんばりましょう。
小春学院塾長 めがね先生
ホームページ http://www.koharugakuin.info

[2014/05/26] 「あなたの考え」というのは何を書いてもよいのか?!


 こんにちは。今月は,東京都立桜修館中等教育学校の実入試問題に取り組むこととします。問題は,次のURLで確(かく)認(にん)してください。

 東京都立桜修館中等教育学校・2013年・作文問題

■問題■
 次の資料から,あなたが考えたことを分かりやすく書きましょう。字数は,五百字以上,六百字以内とします。
(東京都立桜修館中等教育学校・2013年・制限時間:45分)


 次の資料とは,3種類の世界地図のことです。はじめに,それぞれの特(とく)徴(ちょう)をまとめてみましょう。

 上段 日本を囲む太平洋を中央にしてみた世界地図
 中段 日本を中央に南を上に,北を下にひっくり返した世界地図
 下段 大西洋を中心にしてみた世界地図

 これら3種類の地図から,考えたことを分かりやすく書くというのが作文の課題です。

 一見すると,「簡(かん)単(たん)。もう答えが書いてある。」と思われるかもしれません。実は,ここに落とし穴(あな)があります。みなさんは,それぞれの地図の特徴を書こうとしませんでしたか。もちろん,それぞれの地図の特徴は簡単に分かりやすく書いたほうがよいでしょう。しかし,それは3種類の地図を見て,「考えたこと」ではなく,「分かったこと,気づいたこと」です。この課題では,「これらの特徴からどのようなことを考えますか」ということが問われています。しかも,世界地図という世界全体を見渡(わた)せるものを使って問われているのです。

 世界地図というは,世界の全体を見渡せるものです。しかし,見方によっていろいろな姿(すがた)があらわれます。これら3種類の世界地図から,みなさんに何を学んで,考えてもらいたいのでしょうか。そこには,この問題を作った先生の強い思いがこめられているはずです。問題を作る先生は,「これ,分かるかな?」という気持ちだけで問題を作っているわけではありません。「こういうことを分かって,考えてくれるとうれしいな」という前向きな気持ちを強く持っているのです。

 さあ,どうでしょうか。この問題からみなさんは,問題を作った先生の気持ちを理解して文章にまとめられるでしょうか。
 今回は,ここまでです。次回,どのような手順で何をどのように書いていくかをいっしょに考えていきましょう。それまでに,こちらの課題にぜひ取り組んでおいてください。


掲載日:2014年5月26日
次回の掲載は,2014年6月16日の予定です。