公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

めがね先生

PROFILEめがね先生プロフィール

めがね先生

「国語は読むことだけでなく,書くことも同時に大切!」という考えから,国語の勉強でちょっと行きづまったら作文を書くことをすすめています。自分が伝えたいことを正確に伝られるようになると,国語の力はもっと成長します。いっしょにがんばりましょう。
小春学院塾長 めがね先生
ホームページ http://www.koharugakuin.info

[2018/06/18] これはダメ!!<2> 後ろ向きな姿勢


ムギさん:こんにちは,めがね先生。「課題作文ではやめておこう!」シリーズの2回目ですね。
めがね先生:こんにちは,ムギさん。今回は「後ろ向きな姿勢は書かない」ことを学習します。これは日常の生活の中でもいえることです。簡単な質問ですが,ムギさんは,楽しい話とつまらない話のどちらを聞きたいですか。
ムギさん:もちろん,楽しい話を聞きたいですね。
めがね先生:ふつうは「あえて」という条件がない限り,楽しい話を聞きたくなりますね。これは作文でも同じことで,つまらない話は多くの人が読みたくないのです。では,つまらない話とはどんな話でしょうか。
ムギさん:そうですね。いろいろあると思うのですが・・・。
めがね先生:たとえば,次の文章であれば,どちらの文章を読みたいですか。

■例文1■
 私にはさくらさんという友だちがいます。ふだんはたがいに気軽に会話を交わし,なれ合っているのですが,さくらさんがリーダーシップを発揮して,クラスをまとめ導いている場面を見て,見直しました。私も積極的に人と関わり合いを持ち,集団全体のことを考えられるようになりたいと思いました。

■例文2■
 先日,私は道を歩いているとき,ごみを道ばたに捨てる人を見かけました。きれいな道ばたをよごし,人に不快な思いをさせる人を見て,私はそんなことをせず,町をきれいにしていこうと心に決めました。

ムギさん:何かを見て,自分のこれからの行動を記しているところでは共通しているますが,印象がちがいますね。
めがね先生:その印象のちがいは,それぞれの文で見ているもののちがいによるのです。例文1では,さくらさんの良い面が見られているのに対して,例文2では,通りがかりにごみを捨てたという人の悪い面を見ているのです。
ムギさん:何でもそうですが,人や物事の悪い部分はあまり見たくないですね。
めがね先生:読み手にとっては,少し気分が暗くなりますね。人や物事への批判ばかりでは読み手をあきさせます。だとしたら,もっと前向きの意見を書くほうが読み手にとっては同意が得やすいですね。どの作文でもそうですが,後ろ向きの意見や表現はあまり書かないほうがよいでしょう。やはり,何かに積極的な人の姿が書かれた作文を読みたいですよね。
ムギさん:なるほど。書く側の姿勢も読み手の印象を変えるということですね。気をつけたいと思います。


掲載日:2018年6月18日
次回の掲載は,2018年7月16日の予定です。

[2018/05/14] これはダメ!!<1>「○○○」と言いました


ムギさん:今回は何の勉強ですか。
めがね先生:今回から数回にわたって,課題作文ではやめたほうがよいことを学習していきます。まずは例文を読んでみましょう。

■例文1■
 私はテストで点数が低く落ちこんでいるとき,さくらさんが私をなぐさめながら,
「次のテストに向けていっしょに勉強しようよ。だいじょうぶだよ。よしみさんならできるよ。」
と言ってくれました。

ムギさん:何もおかしなところがないですね。作文ではよくこのように書きますよ。
めがね先生:そうです。自由作文であれば,この書き方で構いません。しかし,課題作文は物語(小説)を書くわけではありません。伝えたいことをはっきりと手短に伝わるように文章を書かなければいけません。では,例文1で見直すべきところはどこでしょうか。
ムギさん:かぎかっこを使った会話文でしょうか。
めがね先生:その通りです。かぎかっこを使った会話文をそのまま書いている答案をよく目にしますが,これは文字数などの関係で確実に減点されます。そこで,地の文の一部として会話の内容を書くという表現方法を身につけましょう。
ムギさん:では,こんな文はどうでしょうか。

■例文2■
 私がテストで点数が低く落ちこんでいると,さくらさんが私をなぐさめ,はげましてくれました。

めがね先生:とてもよいですね。地の文の一部として会話の内容を書くために大切なことは会話の内容をまとめるということです。これは日ごろから練習できることです。
ムギさん:どうすればいいのですか。
めがね先生:自分の国語の教科書の物語文で「 」のある箇所(かしょ)を見つけて,その内容を自分の言葉で置きかえるのです。このような置きかえの練習は,文章の要約問題でも活かされるので,ぜひ取り組んでみてくださいね。


掲載日:2018年5月14日
次回の掲載は,2018年6月18日の予定です。

[2018/04/16] 文章の組み立てに失敗すると,作文がだめになる


めがね先生:ムギさん,こんにちは。今回は,前回までの内容の応用編です。
ムギさん:これまでは,確か「具体」と「抽象」ということを勉強しました。
めがね先生:そうですね。具体的なことと抽象的なことをどのように組み立てるかで読み手への印象が大きく変わるということですね。

■例文1■
① 先日,町を歩いていて,小さな子どもが派手な服そうの高校生を見てこわがっているのを見た。
② 時と場所に応じた身なりは大切だ。
③ しかし,身なりは自分自身の自由な考えによるとも考えられる。
④ ただ,身なりで自分の見られ方が変わることもある。また,周囲をおどろかせ,こわがらせることもある。
⑤ 私は周りを考えて自分の身なりを整えることを心がけたい。

ムギさん:伝えたいことはわかるのですが,読み取りにくい文章ですね。
めがね先生:それは,具体的な経験や例と,抽象的なまとめがバラバラに書かれているからです。①は具体的な経験や例です。②,③,④,⑤が抽象的なまとめです。これらをどう並べかえるか,あるいはまとめ直すかで伝わり方が大きく変わります。
ムギさん:先生,こんなのはどうでしょうか。

■例文2■
③ 身なりは自分自身の自由な考えによると考えられる。
⑤ しかし,私は周りを考えて自分の身なりを整えることを心がけたい。
① 先日,町を歩いていて,小さな子どもが派手な服そうの高校生を見てこわがっているのを見た。
④ 身なりで自分の見られ方が変わることもある。また,周囲をおどろかせ,こわがらせることもある。
② 周りがいやな思いをしないためにも,時と場所に応じた身なりを考え,行動することが大切だと思う。

めがね先生:とてもよいですね。はじめに抽象的な自分の主張を述べ,それについての補足説明として具体的な経験や例を示し,抽象的なまとめを展開するという流れになっています。
ムギさん:学校の国語の教科書にある説明文のような書き方ですね。
めがね先生:その通りです。課題作文では,読み手に「その通りだ」とわかってもらう文章が求められています。
ムギさん:だからこそ,具体的あるいは抽象的な内容の組み立て方が大切なのですね。
めがね先生:作文を書く前に,文章の組み立て方をしっかり考えておきましょう。思いついたことをそのまま書くと例文1のような文章になってしまいますよ。
ムギさん:わかりました。


掲載日:2018年4月16日
次回の掲載は,2018年5月14日の予定です。

[2018/03/19] 「抽象的」とはどのような意味なのか


めがね先生:こんにちは。前回は「具体的」という言葉から課題作文で何を書くべきかを考えました。では,ムギさん。「具体的」という言葉の対義語は何でしょうか。
ムギさん:「抽象的(ちゅうしょうてき)」です。
めがね先生:正解です。今回はこの「抽象的」という言葉について考えま
す。この言葉の意味は辞書では「物事を大まかにとらえて,一般的にまとめられているようす」というように示されています。
ムギさん:これもよくわからない説明ですね。
めがね先生:ではムギさん,一つ質問します。「赤信号では止まりましょう」「かさをさしながらの自転車の運転はやめましょう」「横断歩道をわたりましょう」というのは何のことだと思いますか。
ムギさん:交通ルールです。
めがね先生:そうですね。これら三つの事がらは交通ルールに示されている内容の一部です。ムギさんはこれら三つのことがらを一つの内容としてまとめましたね。このようなことが「物事を大まかにとらえる」ということです。さらに,それをみんなが知っている言葉で置きかえることが「一般的にまとめる」ということです。つまり,ムギさんはこれら三つの事がらから共通した特ちょうを見つけ出して大まかとらえて,みんなが知っている言葉で置きかえたのです。これが抽象的に物事を表すということです。
ムギさん:なるほど。言葉はむずかしいのですが,こういったことって日常生活の中でもやっていることですね。
めがね先生:では,次の①と②の文の(  )にはどのような言葉が入るでしょうか。


 私たちは交通ルール,(   ),「赤信号では止まりましょう」「かさをさしながらの自転車の運転はやめましょう」「横断歩道をわたりましょう」といったルールを守らなければいけません。

 「赤信号では止まりましょう」「かさをさしながらの自転車の運転はやめましょう」「横断歩道をわたりましょう」といったルール,(  )交通ルールは私たちの安全を守るために定められています。

ムギさん:①は「たとえば」,②は「つまり」とか「要するに」といった言葉が入ると思います。
めがね先生:いいですね。①の文は「A,たとえばB」,②の文は「B,つまりA」と簡単にしてみますと,Aの内容は抽象的な内容,Bの内容は具体的な内容と整理することができます。課題作文では,このような抽象的な内容と具体的な内容の組み立てがうまくできているかどうかが問われています。
ムギさん:なるほど。具体的な内容だけでなく,それをまとめた抽象的な内容を書きそえてみれば,より内容がはっきりするということですね。
めがね先生:そうです。具体的な内容だけでは,結局何が言いたいのかがよくわからない場合があります。抽象的,つまり特ちょうを大まかにとらえた言葉や文をきちんと付け加えることで,文章をより明確にできます。
ムギさん:ここまで話を聞いていると,文章がだんだん上手に書けそうな気がしてみました。
めがね先生:ぜひ,練習してみてくださいね。


掲載日:2018年3月19日
次回の掲載は,2018年4月16日の予定です。