公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

めがね先生

PROFILEめがね先生プロフィール

めがね先生

「国語は読むことだけでなく,書くことも同時に大切!」という考えから,国語の勉強でちょっと行きづまったら作文を書くことをすすめています。自分が伝えたいことを正確に伝られるようになると,国語の力はもっと成長します。いっしょにがんばりましょう。
小春学院塾長 めがね先生
ホームページ http://www.koharugakuin.info

[2019/02/18] 言葉を使い分けて,表現力を高めよう!!<4>


 今回は,「読む」と「書く」に関する言葉を取り上げます。
 ある公立中高一貫校の学校説明会で,副校長先生が「手紙を書く」と書かずに,「手紙につづる」と書いてある作文を見て,「この作文を書いた子を本校の生徒にしたいと思った」とおっしゃっていました。
 作文に用いる言葉1つ取ってみても,その子の能力がわかるんだと改めて感じた次第です。

■読む

 似ている言葉
 ・読み取る
 ・読む解く
 ・読解する
 ・解読する
 ・目を通す
 ・精読する
 ・熟読する
※「読解する」は,文章を読んで理解するときに使います。
※「解読する」は,難解な文章や暗号などを解き明かすときに使います。
※「精読」は一字一句注意して読むこと,「熟読」は精読して内容をよく理解することをいいます。
※「読む」には,図表などを理解する,相手の気持ちや先のことを見通すなどの意味もあります。

■書く

 似ている言葉
 ・記(しる)す
 ・記述する
 ・叙述(じょじゅつ)する
 ・著(あらわ)す
 ・執筆(しっぴつ)する
 ・つづる
 ・書きぬく
※「執筆する」は,小説のようにある程度長い文章を書くときに使います。
※「つづる」は,思いをこめて書くときに多く使います。
※「書くぬく」は,自分の言葉に直したりせず,もとの文章をそのまま書き写すことです。

掲載日:2019年2月18日
次回の掲載は,2019年3月18日の予定です。