公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ひろやん道場

PROFILEひろやん先生プロフィール

ひろやん先生

首都圏を中心に全国の公立中高一貫校の研究を始めて長い月日が経ちました。これからも,みなさんに役立つ情報をたくさんお伝えできればと思っています。公立中高一貫校のことはたくさん知っているのでたよりにしてくださいね。

[2018/05/07] 記述式問題に取り組む際のポイント


 いよいよ5月からむぎっ子通信添削が始まります。毎年,受講生のみなさんから数多くの質問が寄せられますが,最も多いのが「記述式問題への対応」です。確かに,公立中高一貫校入試は,記述式問題が大半をしめますからね。
 そこで今回は,記述式問題に取り組む際のポイントをまとめます。

 まず,記述式問題に取り組むときは,当然ながら,飛ばし読みをすることなく,会話文や設問を正確に理解しなければなりません。そして,その問題で何が問われているかをしっかりつかみ,それに対して的確に答える必要があります。

 まあ,あたりまえの話なわけです。

 ただし,これは「言うは易く行うは難し」の典型で,なかなか思うようにいきません。

 みなさんの答案を添削をしていると,問われていることとずれた答えが多く見られ,しかもその答えを書いている本人は気づかないようです(まあ,だから,答えを堂々と書くわけですが)。しかし,せっかくがんばって答えを書いても,問われていることに答えていなければ,どんなにその答えが正しくても0点です。

 たとえば,「あなたの血液型は何型ですか。」という問題があったとします(公立中高一貫校入試本番では,こんな問題は出ませんが)。「わたしはおとめ座です。」と答えても0点ですね。しかし,当の本人は9月生まれなので,本当におとめ座なのです。

 わたしが何を言いたいか,わかりますね。実は,公立中高一貫校入試は,意外とこういったまちがいの連続です。要は,「書かれている答えは正しいけれど,そんなことは聞いていない。だから0点。」だと。いかに答えが正しくても,または立派な答えでも,問われていないことはいくら書いても0点なのです。特に,小学生の場合,記述式問題の難しさは,こういったところにあります。

 また,設問条件を見落としてしまう答案もよく見かけます。「一文で答えなさい。」「資料をもとにして答えなさい。」といった問いに対して,二文になってしまったり,または,文末に句点を書いていなかったり(文末に句点を書かなければ,そもそも「文」ではありません),資料から根拠(こんきょ)を見つけ出すことなく,自分の知識や推察をもとに答えてしまったりすると,減点,または0点です。

 そのため,このようなミスを防ぐために,まずは大切だと思うところに下線を引きながら読み進めましょう。また,したがうべき条件はマルで囲むくせをつけましょう。

 一方,テキストや過去問に取り組むとき,そもそもハードルが高いという面があるのも知っておきましょう。というのも,解答例と自分の答えが異なっている場合の正誤の判断が当事者ではかなり難しいからです。解答例と表現がちがうからといって,すぐに自分の答えはバツだと判断するのはよくありません。その前に,本当にまちがえなのか,あるいは表現はちがっていても本質的に合っているのかどうかを深く深く考えなければなりません。

 むぎっ子通信添削でも,解答例とは異なるものの,書かれている答えを正解にする場合が多々あります。確かに,自分で書いた解答が正しいかどうかなど,自分で判断できるものではありませんが,仮にそうした状況になったとき,見た目の表現にまどわされることなく,本質的にその説明が正しいのかどうかを考えるくせをつけましょう。

 また,保護者様がお子様の答案を採点する場合は,特に注意が必要です。解答例は,模範的な表現で書かれていますので,お子様の答案が稚拙に見えるのはあたりまえのことです。しかし,だからといって,お子様の答案を即座にバツにすれば,それはお子様の可能性を削いでしまうことになります。くり返しになりますが,見た目の表現にまどわされることなく,本質的にその説明が正しいのかどうかを判断してください。

 最後に,私は解答例の音読を強くおすすめしています。なぜなら,黙読(もくどく)よりも,答え方の調子や言い回しなどが体を通して身につくからです。さらに,「これはいい!!」と思った解答例は,ノートに書き写してみましょう。音読したり書写したりすることで,解答例のよい点をまねるきっかけになり,記述式問題を習得するためのコツが早く身につきます。


掲載日:2018年5月7日
次回の掲載は,2018年6月4日の予定です。