公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ひろやん道場

PROFILEひろやん先生プロフィール

ひろやん先生

首都圏を中心に全国の公立中高一貫校の研究を始めて長い月日が経ちました。これからも,みなさんに役立つ情報をたくさんお伝えできればと思っています。公立中高一貫校のことはたくさん知っているのでたよりにしてくださいね。

[2018/11/05] 入試本番までに取り組みべきことを整理しよう


 みなさん,こんにちは。

 今回は,公立中高一貫校を受検するすべてのみなさんに,入試本番までに取り組むべきことを提示したいと思います。

 まず,言うまでもなく志望校の過去問演習が必要です。過去問を解くときは,制限時間を守り,本番さながらの気持ちで臨んでください。決められた時間内に,1点でも得点をかせぐためにはどのような工夫をすればよいか,どうすれば時間を有効に使えるのかなども考えながら取り組みましょう。もちろん,制限時間がきたら,どこまで解答できたかを確認したうえで,必要に応じてさらに延長してとことん考えることも必要です。

 一通り解き終えたら,自己採点をして見直しをおこないましょう。特に,まちがえた問題や取り組み方の検証を忘れてはいけません。ケアレスミスだったのか,問いの読みまちがえだったのか,自分の力ではどうにも解くことができなかったのか,時間のかけ方がよかったのかなど,反省すべき点を明らかにしましょう。

 次に弱点対策です。これまでの勉強を通じて,もう一度しっかり復習したほうがよいと思うことはないでしょうか。むぎっ子通信添削で,みなさんの答案を見ていますと,この時期でもなお漢字や計算があやふやな受検生がいます。算数の割合の理解が不十分な受検生もいます。たとえ弱点を自覚していても,いまさらそんなことはできないと思う気持ちも理解できないわけではありませんが,集中しておこなえば,それほど日数はかかりません。自分の弱い部分を冷静に考えて,確実に克服(こくふく)してください。

 また,これまで取り組んできた問題の復習も,この時期にぜひおこなってほしいことの一つです。公立中高一貫校対策用テキストを使った人もいるでしょう。また,模試を受けた受検生もいるでしょう。自分が以前に解いた問題も,そこから何を得たのか,またどのようなところでまちがえたのかなど,月日が経てば忘れてしまうものです。一度解いた問題は,ふり返ることで定着し,自分を再発見する「宝の山」となっていきます。新しい問題を解くことも大切ですが,これまで共に歩んできた教材を大切にすることは,より短時間で効果的な入試対策に結びつきます。

 加えて,作文が出題される公立中高一貫校を受ける人は,少なくても週に2~3回は,過去問と同傾向の演習を入試前日まで続けてください。公立中高一貫校入試は,何らかのテーマがあたえられ,それに沿って書くといったスタイルがほとんどです。よって,この時期は思うことを自由に書く日記のようなものではなく,テーマを決めて書くことをおすすめします。たとえば,その日のできごとやテレビのニュースから題材を一つ選び,自分の経験をふまえて文章を書くといった練習が効果的でしょう。

 以上,入試本番までに取り組むこととして,過去問,弱点対策,復習,作文の4つを上げました。公立中高一貫校によっては,さらなる工夫が必要な場合もあるでしょうが,この4つはどこを受けるにしても欠かせません。

 残りわずかとなりましたが,努力する受検生は,その努力に比例して最後まで実力はのび続けます。そう実感できないかもしれませんが,学力は目に見えないところで着実に向上しています。最後の一日まで,自分を信じて全力をつくしてがんばってください。

 なお,過去問については,以前のコラム「志望校の過去問を効果的に活用しよう!!」にくわしく書きましたのでぜひそちらをお読みください。


掲載日:2018年11月5日
次回の掲載は,2018年12月3日の予定です。