公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ひろやん道場

PROFILEひろやん先生プロフィール

ひろやん先生

首都圏を中心に全国の公立中高一貫校の研究を始めて長い月日が経ちました。これからも,みなさんに役立つ情報をたくさんお伝えできればと思っています。公立中高一貫校のことはたくさん知っているのでたよりにしてくださいね。

[2018/12/03] 歩き回りながら音読する=成績急上昇


 先日,むぎっ子通信添削を受講している方から「やるべきことがまだまだたくさん残っていて,入試本番までに終わりそうにありません。どうすればいいでしょうか。」という質問が届きました。

 実は意外と多いこの手の質問。特に,公立中高一貫校入試に本気で向き合えば向き合うほど,やるべきことがどんどん出てきて,収拾のつかない状態に追いこまれることも。かといって,睡眠時間をけずって体調がくずれるのもダメ。結局,「時間がない!」とあせりだけが積もっていくことになります。

 もちろん,入試本番までに「100%対策できて完ぺき」になる人はどこにもいませんから,「最善(さいぜん)の努力をする」しかないのですが,入試直前期に「つめこめるだけ頭につめこむ」学習法というのがあります。

 それが,「五感を使って学習する」方法です。
 目で見て,口で音読して,歩き回りながら覚える。
 これです。

 みなさんは,二宮金次郎という人を知っていますか。もしかすると,みなさんが通っている小学校に,二宮金次郎の銅像があるかもしれませんね。本を持ちながら歩いて,ブツブツ言いながら勉強しているはずです。重いまきを背負っていますが,脳科学者によると,これは自分に負荷をかけることでさらに五感が刺激(しげき)され,好循環(こうじゅんかん)になるのだそうです。

 およそ「書く」という行為(こうい)は時間がかかりますが,「言う」のはすぐです。重いまきの代わりに,みなさんが毎日使っているランドセルを使いましょう。ランドセルを背負い,ブツブツと言って歩きながら勉強すれば,効果倍増。「本当かな」と疑う前に,まずは実際にやってみましょう。「すごい。ひろやん先生の言う通りだ。」と思っていただけると思います。


掲載日:2018年12月3日
次回の掲載は,2019年1月7日の予定です。