公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ひろやん道場

PROFILEひろやん先生プロフィール

ひろやん先生

首都圏を中心に全国の公立中高一貫校の研究を始めて長い月日が経ちました。これからも,みなさんに役立つ情報をたくさんお伝えできればと思っています。公立中高一貫校のことはたくさん知っているのでたよりにしてくださいね。

[2019/02/04] 勉強する意義をつかんだ人はのびる


 公立中高一貫校入試がほぼ終わりました。合格したみなさんには,心からお祝いを申し上げます。一方,高倍率が続く公立中高一貫校入試です。残念な結果に終わった方もいらっしゃるでしょう。結果いかんにかかわらず,これまで努力してきたすべてのみなさんに心から敬意を表します。そして,日々努力して勉強したという経験が,みなさんのこれからの一生の財産になると確信しています。

 さて,小学4~5年生のみなさんの中には,学年の変わり目を2か月後にひかえ,公立中高一貫校対策の勉強を始めようかどうか迷っている人も多いでしょう。そこでみなさんには,「公立中高一貫校に向けた勉強とは,どのようなものか」を理解することと同時に,「受験勉強が自分に何をもたらしてくれるか」ということも考えてほしいと思っています。

 公立中高一貫校向けの勉強は,必要なことを「覚える」という学習も不可欠ですが,それ以上に,思考力や分析力(ぶんせきりょく),表現力などをみがく訓練が欠かせません。いわば,「自分の頭で考える」ということが学習の中心となるわけです。それらの訓練は,合格・不合格という結果を問わず,今後の人生に大きく役立つのはまちがいありません。

 さらに,受験という一つのことに向けて努力を続けると,「自己コントロールの力がつく」「受験勉強の過程で生じるなやみに対する解決法を考える習慣がつく」など,みなさんが生きていくうえで不可欠な力も身につきます。

 そして将来,自分が積み重ねた努力をふり返ったとき,「あのときあれだけがんばったんだ」という経験と,「精神的に成長した」という自信が,難局にぶつかったときに自分自身を支えてくれるでしょう。

 2年後には,大学入試も大きく変わります。記述式問題や思考力・表現力を重視する問題が多く出題され,資料分析問題も増えることが確実視されています。つまり,公立中高一貫校入試だけでなく,大学入試でも,「覚えることから考えることへの改革」がなされているわけです。

 いまの日本,そして世界にはさまざまな問題が山積しています。そして,実社会はそれらの問題に積極的に取り組み,自らの頭で考えて解決してくれる人材を求めています。

 志望校合格だけを目標とするのではなく,実社会の中でかつやくできる自分になるためという本質的な目標を自覚できれば,努力した分だけ確実に成績はのびていくでしょう。

 公立中高一貫校入試に向けた勉強の意義をしっかりつかんだうえで,希望を持ち明るい気持ちでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 そして,私は小学校を卒業するすべての小学6年生にも,この言葉をささげたいと思います。

 すべての小学生,がんばれ!!


掲載日:2019年2月4日
次回の掲載は,2019年3月4日の予定です。