公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ひろやん道場

PROFILEひろやん先生プロフィール

ひろやん先生

首都圏を中心に全国の公立中高一貫校の研究を始めて長い月日が経ちました。これからも,みなさんに役立つ情報をたくさんお伝えできればと思っています。公立中高一貫校のことはたくさん知っているのでたよりにしてくださいね。

[2019/03/04] 勉強の区切りでふり返りの時間を設けましょう


 みなさん,こんにちは。
 今日は,「勉強した努力を最大限に生かす方法」についてお話します。

 私の授業では,1つのことを教えたのち,すぐに黒板を消して次の内容に移るということはほとんどありません。わずかな時間ですが,次の単元に移る前に,板書あるいはそれを写したノートをながめてもらい,記憶(きおく)・理解の確認をしてもらっています。

 その理由は,1つの勉強が終わったのち,「頭の中を整理する」という時間が極めて重要だからです。

 自宅学習を例に考えてみましょう。
 おそらくみなさんは,1つの科目の勉強を終えると同時に,使った教科書やテキストなどをさっさと閉まってその科目をおしまいにしてしまうと思います。

 たとえば,理科の問題を解いて丸つけをし,まちがえたところを覚え直したとします。終わったらすぐにテキストやノートを閉じて,次にやるべき算数のテキストを広げて問題を解く。それが終わったら算数のテキストを閉じて社会の暗記プリントを広げる・・・といったように。

 しかし,これはあまりよい方法ではありません。
 頭の中を整理するうえで大切なことは,1つの勉強を終えたらすぐに終わらせるのではなく,1分でも30秒でも構わないので,学習したことの内容にざっと目を通し直す時間を持つということです。そして,どのようなことを勉強したのか,何がポイントなのかを確認(かくにん)することです。

 人間の頭は,「あることがらを学習した直後に次の学習をすると,前に学習した内容が定着しづらくなる」という性質があります。

 つまり,2つ目の勉強をしていると,1つ目の記憶があいまいになる。3つ目の勉強をしていると,1つ目と2つ目の記憶があいまいになってしまう傾向(けいこう)があるのです。だから,1つの勉強を終えるたびに,勉強した内容を短時間でよいので見直し,その内容をしっかり頭の中に定着させることが大切になってきます。

 やるべきことを早く終えて,好きな本を読んだり,遊んだりしたい気持ちはわかります。しかし,少しの時間をさいて復習するという工夫が,がんばって勉強した時間を生かし,記憶や理解を確かなものにする秘訣(ひけつ)になるわけです。

 勉強してもなかなか覚えられない,何日か経つと忘れてしまうとなげいている人は,ぜひ試してみてください。


掲載日:2019年3月4日
次回の掲載は,2019年4月1日の予定です。