公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ひろやん道場

PROFILEひろやん先生プロフィール

ひろやん先生

首都圏を中心に全国の公立中高一貫校の研究を始めて長い月日が経ちました。これからも,みなさんに役立つ情報をたくさんお伝えできればと思っています。公立中高一貫校のことはたくさん知っているのでたよりにしてくださいね。

[2019/07/01] 夏休み期間中にしてほしい4つのこと


 夏休みにどのような勉強をすべきかは,人それぞれちがっていて当然ですが,今回はぜひ取り組んでほしいことを4つ述べます。

 まず,国語・算数・理科・社会の4科目について,1学期までの弱点補強,不得意な単元の復習です。自分が苦手だと思う単元を見つけて,夏休みの間にぜひ克服(こくふく)してください。

 特に,漢字や計算は受験勉強の土台となります。復習が必要であれば,学校で使っている練習帳やドリルなどをもう一度くり返して,完全に自分のものにしておいてください。算数の割合や図形の性質なども,きちんと習得できているかふり返ってみましょう。弱点があると思えない場合であっても,教科書を開いて,一通り目を通しておきましょう。

 次に,自分の志望校で作文が課されている場合は,指定字数に合わせて文章を書く習慣をつけてほしいと思います。これまで,長い文章を書く練習があまりできなかった人も多いかと思いますが,夏休みは落ちついてそれに取り組むことができる絶好の機会です。

 キャンプや旅行に行ったり,学校説明会や何かのイベントなどに出かけたりしたときには,それを題材とした文章を書くチャンスですし,ふだんの何気ないことを題材にするのもよいでしょう。時間の許す限り,書いて書いて書きまくってください。うまく書こうと思う必要はありません。少なくとも2日に1回のペースで書き続けてください。自分が書いた文章を家族の人などに読んでもらって,感想を聞くのも非常に効果的な方法です。

 3つ目は,2~3学期に習う内容の先取り学習をしてください。特に,算数と理科は先取り学習をしておかなければ,9月以降に過去問を解き始めるときに苦労します。というか,解けません。市販されている教科書ワークやトレーニングのような問題集を使って,基本的な内容を理解しておいてください。

 最後に,学校で出された夏休みの宿題にきちんと取り組むということです。言うまでもありませんが,意外とおろそかにしがちです。自由研究や読書感想文などは,創造力や思考力,表現力などをきたえるよい機会です。

 以上,夏休み期間中にしてほしい4つのことを書きました。これらをもとに,この夏休み,自分にとって何に重点を置いて学習すべきかを,夏休みに入る前にじっくりと考えてみてください。そして,自分にとって最高のスケジュールを立てて実行してください。

 夏休みは,受験の天王山といわれるほど大切な時期です。夏休みが終われば,過去問中心の学習に入ります。過去問に対して,少しでも気持ちよく取り組むことができるように,1日1日を大切にしてください。


掲載日:2019年7月1日
次回の掲載は,2019年8月5日の予定です。