公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ひろやん道場

PROFILEひろやん先生プロフィール

ひろやん先生

首都圏を中心に全国の公立中高一貫校の研究を始めて長い月日が経ちました。これからも,みなさんに役立つ情報をたくさんお伝えできればと思っています。公立中高一貫校のことはたくさん知っているのでたよりにしてくださいね。

[2020/06/01] 句点は必ず打ち、読点は打ちすぎないこと


 むぎっ子通信添削の答案を添削したり、公立中高一貫校対策学力テストの答案を採点したりしていて、いつも思うことがあります。それは「なぜ、文末に句点を打たないんだ??」と。

 小学1年生のとき、「文の終わりには必ず句点を打ちましょう。」と教わります。句点を打たなくてもよいのは題名(タイトル)など、ほんの一部に限られます。公立中高一貫校入試では、たとえ体言止めの解答であったとしても文末に句点を打つべきだと考えられています。

 それなのに、文末に句点がなかったり、「。」ではなく「.」が打ってあったり。あなたは英語を書いているんですか??と聞きたくなるほどです。

 ここで改めて言います。
 文の終わりには必ず句点を打ちましょう。

 一方、読点は打ちすぎに注意しなければいけません。読点が多い文は率直に言って読みづらいのです。

 読点を打つのは「誤読されそうなところ」「意味の切れ目」「『間』を取りたいところ」と、相場が決まっています。ただし、そんなことをあまり深く考える必要はありません。自分が書いた文章を読み直して、読み手に正しく伝わるかどうかを考えれば、おのずと読点を打つ場所が決まってくるからです。

 よく「ひらがなやカタカナや漢字が続くとき」「長い主語のあと」「長い修飾語のあと」「接続語のあと」といった決まりが説明されることがありますが、これらはすべて、先ほど述べた「誤読されそうなところ」か「意味の切れ目」か「『間』を取りたいところ」のいずれかに集約されます。よって、目安として覚えておいても構いませんが、あくまで参考程度という認識が必要です。

 そんなことよりも、先ほど述べた「読点は打ちすぎない」というルールを覚えておくことのほうがはるかに大切です。

 句点は必ず打ち、読点は打ちすぎないこと。
 わかりましたね!!


掲載日:2020年6月1日
次回の掲載は、2020年7月6日の予定です。