公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ひろやん道場

PROFILEひろやん先生プロフィール

ひろやん先生

首都圏を中心に全国の公立中高一貫校の研究を始めて長い月日が経ちました。これからも,みなさんに役立つ情報をたくさんお伝えできればと思っています。公立中高一貫校のことはたくさん知っているのでたよりにしてくださいね。

[2020/08/03] 小学5年生以下は英語学習も習慣化させよう


 今年度から小学校で新学習指導要領による学習が始まり、小学5~6年生は英語が正式に教科になりました。いままで高学年がおこなっていた「外国語活動」は、小学3~4年生がおこないます。

 私の耳にも「ぼくの担任はまったく英語が話せない」「先生の英語の発音が下手すぎ」といったみなさんからの声が聞こえてきますが、そんな文句を言う前に、みなさん自身がしっかり勉強して、英語を得意にすればよいだけのこと。というか、必ず英語を得意にする必要があります。

 それはなぜか。

 正式に英語が教科になって2年間の学習を終えた令和4年度入試(小学5年生以降)から、多くの公立中高一貫校で英語を試験はん囲に加えるからです。

 先行してすでに英語の試験をおこなっている、さいたま市立大宮国際中等教育学校の問題をのせておきますので、興味がある方はご覧ください。

 参考)さいたま市立大宮国際中等教育学校
    令和2年度 適性検査A 問題
    令和2年度 適性検査A 大問1 英語リスニング用スクリプト

 では、英語はどのように勉強すればよいのでしょうか。

 むぎっ子広場では、NHKラジオ第2で放送されている「基礎英語0(ゼロ)」や「基礎英語1」を利用することを強くおすすめしています。

 英語学習では、英語の音声が必ず必要です。現在の英語学習は「英語が聞けること」「英語が話せること」に力点が置かれており、英文法などはほぼ必要とされません。少なくとも、小学英語はそうです。そういった方針にすべて合致しているのが、「基礎英語0(ゼロ)」や「基礎英語1」だからです。

 書店では、各講座の専用テキストが毎月購入でき、リアルタイムでラジオを聞かなくても、「NHKゴガク」のホームページや、「NHKゴガクアプリ」からストリーミング放送で聞くことができます。また、一部の講座はCDも発売されています。

 小学5年生以下のみなさん、ぜひ、ひろやん先生にだまされたと思って、まずは3か月間、「基礎英語0(ゼロ)」を使った勉強を日課(放送は週3回)にしてみましょう。

 英語は、ネイティブ(外国人)の発音を何度も何度も聞き、耳から覚えるのが一番です。日本人による「なんちゃって英語」を聞くよりも、何倍も効率よく勉強できますよ。

 ぜひ、とちゅうで挫折せずにがんばって!!


掲載日:2020年8月3日
次回の掲載は、2020年9月7日の予定です。