公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ひろやん道場

PROFILEひろやん先生プロフィール

ひろやん先生

首都圏を中心に全国の公立中高一貫校の研究を始めて長い月日が経ちました。これからも,みなさんに役立つ情報をたくさんお伝えできればと思っています。公立中高一貫校のことはたくさん知っているのでたよりにしてくださいね。

[2021/03/01] 手帳を使った学習管理は一考の価値あり


 先日、東京都立小石川中等教育学校に合格した方から、直筆のお手紙を頂きました。その中に、一枚の写真が入っていました。

 その写真には、高橋書店から販売されているA5サイズのウィークリーデスクダイアリー、つまり、ビジネス手帳が写っていました。手紙には、「こんな感じで、毎日の勉強の予定と記録をつけました。このおかげで合格できました。」と書かれてありました。

 手帳を使うきっかけは、むぎっ子通信添削でのアドバイスだったそうです。
 学習計画を立てたいけれど、どうすればよいのか??という質問に対して、私が「手帳を使って、まずは学習の記録をつけてみましょう」とアドバイスしたのです。

 記録をつければ、いつ復習すればよいのか、または、この日は勉強時間が短かった・・・など、いろいろなことが見えてきます。

 そうすれば、完ぺきな学習計画を立てなくても、この日までにこれを終わらせたいとか、もう一度、これを復習したいとか、あれは難しかったから、1か月後にやり直そうとか、そういった具体的なことだけを計画に組み入れて、手帳に書きこんでいけます。

 おすすめは、A5サイズのウィークリーデスクダイアリー。
 いまなら、2021年4月始まりのビジネス手帳が販売されています。
 ネット通販はおすすめしません。できるだけ大きな書店や文房具店に足を運び、実物を手に取って、いろいろと比べてほしいと思います。
 好みの問題ですから、自分が一番いいと思うものを選べばよいでしょう。

 勉強を習慣化するために必要なことは「見える化」です。
 勉強の成果をかなりくわしく記録すれば、のちに、変えたほうがよいところが見えてきて、むだな時間が減らせます。遊ぶ時間も確保したいからこそ、この「見える化」がカギとなります。

 まさか、ビジネス手帳を使っているとは知りませんでしたが、確かに、書けるスペースがとても広いので、おすすめです。

 通塾している場合は、塾のカリキュラムに沿っていけば、合格するためのレールが敷いてあるため、手帳は必ずしも必要ないでしょう。

 しかし、今回、写真を送ってくださった方は家庭学習のみでした。同じような方は、むぎっ子広場に多く集まっておられるかと思います。自分で学習管理をしなければならないため、そのツールとして、ビジネス手帳を使うのは有用かと改めて感じています。


掲載日:2021年3月1日
次回の掲載は、2021年4月5日の予定です。