公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

拝啓保護者様

PROFILEいっとく先生プロフィール

いっとく先生

むぎっ子広場は,2006年の開設当初から関与しており,2012年に一度降板しましたが,今回再登板することになりました。「拝啓保護者様」では,保護者の方から頂戴するご質問・ご相談にお答えする形で進めていきます。僭越ながら(と,一応謙遜したうえで),自信たっぷりに持論を展開いたします。
どんぐりスクール主宰 いっとく先生
ホームページ http://www.dongurikorokoro.com

[2017/09/30] ぜひ「ひらがな」の練習もしてください


ご質問:
 先日むぎっ子模試を受け、字の雑さなどをこてんぱんにダメ出しされ、これでもかと減点された答案がもどってきました。字の雑さはいつも子どもに言ってはいるのですが、聞く耳を持ちません。

(Aさん・東京都在住)
※ 頂戴した原文のままを掲載していますが,ご質問の箇所のみを抜粋しました。なお,掲載に際しては事前に許可を頂いております。

お答え:
 Aさんのお子様に限らず,最近の子(こんな言葉は使いたくないのですが)は,とにかく字が雑です。典型的なものでは,ひらがなの「れ」と「わ」の区別ができていなかったり(少なくとも読み手にわかるように書けていなかったり),もっとひどいものでは「し」と「く」が混ざっていたりする(少なくともそう見える)場合さえあります。

 私は,むぎっ子模試などの採点に関わっていますが,「公立中高一貫校入試に向けた指導をおこなっているはずなのに,小学1年生レベルのひらがな練習の朱筆をしている」と感じる場合さえあります。とても悲しい現象です(あくまで本当に一部の人ですが,以前よりも多いのが現実です)。

 そこで,我が子の字を見て「字が雑だな」とお感じの保護者のみなさま。ぜひ「ひらがな」の練習もさせて頂けないでしょうか。「バカにしているのか」とお怒りの声が聞こえてきそうですが,読みにくいひらがなを書いている子は,ほぼまちがいなく漢字も読みにくいはずです。

 考えてみてください。むぎっ子模試を採点する私は,「小学1年生レベルのひらがな練習の朱筆をしている」ことに対して悲しさを感じています。入試本番であれば,どうでしょうか。志望校の先生たちが答案を採点します。先生たちは,読みにくい字は無理して読みません。バツにするだけです。なぜなら,読みにくい字を書く児童をあろうことか合格させてしまったら,自分たち(つまり,公立中高一貫校の先生たち)が苦労するだけですから。真っ先に不合格にさせたいはずです。

 実は,雑な字を書く児童の中にも,すばらしいといえる答案を書く人が多くまぎれています。ただ,字が雑できたないのです。「地頭はいいんだろうなぁ」と思うのですが,十中八九そういった児童が不合格になるのが忍びないと思っています。

 だからこそ,ぜひ「ひらがな」の練習もしてください。


掲載日:2017年9月30日
次回の掲載は,2017年10月31日の予定です。

むぎっ子広場 運営事務局からのお知らせ
 いっとく先生へのご質問を随時受け付けています。お問い合わせより,「拝啓保護者様へのご質問」と必ず記載のうえお気軽にお送りください。お待ちしています。