公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

拝啓保護者様

PROFILEいっとく先生プロフィール

いっとく先生

むぎっ子広場は,2006年の開設当初から関与しており,2012年に一度降板しましたが,今回再登板することになりました。「拝啓保護者様」では,保護者の方から頂戴するご質問・ご相談にお答えする形で進めていきます。僭越ながら(と,一応謙遜したうえで),自信たっぷりに持論を展開いたします。
どんぐりスクール主宰 いっとく先生
ホームページ http://www.dongurikorokoro.com

[2018/06/30] どんな子が公立中高一貫校向きですか??


ご質問:
 広島県内で新たに公立中高一貫校が2校同時開校することになり,にわかに周囲が盛り上がっています。そこで,どんな子が公立中高一貫校向きか,教えて頂ければと思います。

(Mさん・広島県在住)
※ 頂戴した原文のままを掲載していますが,ご質問の箇所のみを抜粋しました。なお,掲載に際しては事前に許可を頂いております。

お答え:
 どんな子が公立中高一貫校向きかというご質問にお答えするのは,結構難しいなぁと思います。たとえば,広島県内に開校する公立中高一貫校の1つ(広島県立広島叡智学園中学校・高等学校)は,全寮制です。ですから,これに対応できるように,2次検査では,2泊3日で共同生活をさせて,さまざまな能力を見ることになっています。2泊3日の宿泊そのものが入試だなんて,一時も休まることができず,生きた心地がしないかも??

 しかし,全寮制の集団生活を基本に据えた学校ですから,そういったことに馴染めない児童には,そもそもこのような公立中高一貫校には不向きだということになります。ご参考までに,海外の全寮制の学校(特にイギリスやアメリカ合衆国,スイスに多い)では,宿泊を伴う入試が一般的なので,広島叡智学園はそれを参考にしていると思われます。

 つまり,公立中高一貫校といっても,各校により特色があるので,一括りにして「こんな子が向いています」とはいえません。

 ただし,少なくとも「勉強が得意な子」,または,「『勉強が好き』とまではいえなくても『勉強が嫌いでない子』」が公立中高一貫校に向いています。

 前回のコラムでも書きましたが,公立中高一貫校はれっきとした進学校ですから,あわよくば,勉強をサボってやろうと虎視眈々と狙っているような子が行く学校ではありません。みずから進んで勉強に取り組んでいける子を対象としています。

 その一方で,ほとんどの子は,公立中高一貫校対策を進めていく中で,「勉強が得意な子」や「勉強が嫌いでない子」に成長し,換言すれば,そういった子だけが「公立中高一貫校に合格する」しくみになっているという事実も見逃せません。よって,「公立中高一貫校に合格する」とは,そういった子に成長した証でもあるのです。

 だからこそ,公立中高一貫校対策そのもの(勉強の過程)が,お子様を成長させるのだと考えて頂きたいと思います。


掲載日:2018年6月30日
次回の掲載は,2018年7月31日の予定です。

むぎっ子広場 運営事務局からのお知らせ
 いっとく先生へのご質問を随時受け付けています。お問い合わせより,「拝啓保護者様へのご質問」と必ず記載のうえお気軽にお送りください。お待ちしています。