公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

拝啓保護者様

PROFILEいっとく先生プロフィール

いっとく先生

むぎっ子広場は,2006年の開設当初から関与しており,2012年に一度降板しましたが,今回再登板することになりました。「拝啓保護者様」では,保護者の方から頂戴するご質問・ご相談にお答えする形で進めていきます。僭越ながら(と,一応謙遜したうえで),自信たっぷりに持論を展開いたします。
どんぐりスクール主宰 いっとく先生
ホームページ http://www.dongurikorokoro.com

[2018/08/31] 重ね言葉は意識しなければ大量失点につながる


ご質問:
 先日、公立中高一貫校に力を入れている大手塾の模試を受けました。返却された答案を見て、採点者の質の悪さ??に愕然としました。私が見る限り、漢字間違いが2つあったのですが、その指摘がなく、文意がおかしいなぁと思う箇所などもスルー。ただ、○と×がついているだけでした。そこで今後は私が子供の答案を見ようと思うのですが、気をつけることがあれば教えて頂ければと思います。よろしくお願いします。

(Aさん・東京都在住)
※ 頂戴した原文のままを掲載していますが,ご質問の箇所のみを抜粋しました。なお,掲載に際しては事前に許可を頂いております。

お答え:
 まずはじめに,公立中高一貫校入試の場合,○と×だけでは測れない力が多分にあるということをご理解ください。私たちが知る限り,すべての公立中高一貫校は,採点時に減点方式を採用しています。つまり,○と×以外に△があるということです。

 たとえば,8点配点の問題があった場合,マイナス1点も△,マイナス7点も△です。少なくとも,8点か0点かという採点方法はあり得ません。

 そのうえで,これまで多くの公立中高一貫校受検生を見てきて,「これはぜひ意識してほしい」というものがあります。それは,重ね言葉(重言)です。意味が同じ語句をむだにくり返す言い方はさけるべきであり,公立中高一貫校入試の場合,減点対象です。

 代表的な重ね言葉は「馬から落馬する」でしょう。「落馬」は「乗っていた馬から落ちること」であり,正しくは「馬から落ちる」または「落馬する」というべきです。

 私はこれまで子どもたちの答案を添削した際,重ね言葉と指摘したものは記録に残しています。そのノートを開いてみると,次のような語で複数の児童が重ね言葉を用いていました。

  × 日本に来日する
  × 一番最後
  × いまだに未完成
  × およそ1000個ほど
  × 炎天下のもと
  × 最後の追いこみ
  × 最後のラストシーン
  × 最も最適なのは
  × 従来から
  × 製造メーカー
  × 電気の電源
  × 電車に乗車する
  × はん囲内の中で
  × 水を放水する
  × ~より以上に
  × 留守を守る

 いかがでしょうか。意識していなければ,うっかり書いてしまうかもしれないと思いませんか。ぜひ,日ごろから「自分は重ね言葉を書いていないか」と注意をはらい,保護者の方におかれましては,お子様の答案チェックに役立てて頂ければと思います。

 ちなみに,長嶋茂雄氏が現役引退時のスピーチで述べた「我が巨人軍は永久に不滅です」も重ね言葉です。「不滅」とは,「永久になくならないこと」という意味ですから。言いたいことはわかるんですが。


掲載日:2018年8月31日
次回の掲載は,2018年9月30日の予定です。

むぎっ子広場 運営事務局からのお知らせ
 いっとく先生へのご質問を随時受け付けています。お問い合わせより,「拝啓保護者様へのご質問」と必ず記載のうえお気軽にお送りください。お待ちしています。