公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

拝啓保護者様

PROFILEいっとく先生プロフィール

いっとく先生

むぎっ子広場は,2006年の開設当初から関与しており,2012年に一度降板しましたが,今回再登板することになりました。「拝啓保護者様」では,保護者の方から頂戴するご質問・ご相談にお答えする形で進めていきます。僭越ながら(と,一応謙遜したうえで),自信たっぷりに持論を展開いたします。
どんぐりスクール主宰 いっとく先生
ホームページ http://www.dongurikorokoro.com

[2018/10/31] うちの息子はまだミニカーで遊んでいます


ご質問:
 大変お恥ずかしい話なのですが、小学5年生のうちの息子は小さい頃からミニカーが大好きで、いまだにそれで遊んでいます。中学は公立中高一貫校を考えていますが、考え直したほうがよいでしょうか。

(Sさん・静岡県在住)
※ 頂戴した原文のままを掲載していますが,ご質問の箇所のみを抜粋しました。なお,掲載に際しては事前に許可を頂いております。

お答え:
 まずはじめに,何のおもちゃで遊ぶか,またはどのように遊ぶかはその子の個性ですから,お気になさる必要はありません。

 かくゆう私も,小学5年生のころはまだレゴやミニカーで遊んでいました。レゴで自走式の立体駐車場をつくり,ミニカーを駐車させて遊んでいました。レゴをキリで穴を開けてたこ糸を通し,機械式(回転式)の立体駐車場をつくったこともあります。かなり楽しいんですよ。よい思い出です。

 それに,おもちゃはその子に自主性や創造力だけでなく,学びのきっかけもあたえてくれます。
 たとえば,ミニカーを例に考えてみましょう。

 ミニカーには必ずといってよいほど,ショベルカー(パワーショベル)がラインナップ(ラインアップ)されていますね。このパワーの秘密は油圧です。では,油圧とは何でしょうか。ぜひ調べてみたいですね。

 クレーン車は,荷物を積み上げるときに動かっ車のしくみを使います。公立中高一貫校入試でも出題されるテーマです。

 ブルドーザーは,キャタピラが採用されています。なぜタイヤではなく,キャタピラなのでしょうか。接地面積(表面積)のちがいは,公立中高一貫校入試でも出題されたことがあります。

 さらにいえば,そもそも車を動かすモーターは,コイルに電流を流すことで生じる磁力を利用しています。いわゆる「フレミングの左手の法則」ですね。さすがに,この内容が公立中高一貫校入試で出題されたことはありませんが。

 このように,ミニカーをきっかけにして車のしくみや構造を調べようと思うかもしれません。ぜひ,親子で調べる時間を設けてあげてください。きっと楽しいはずですし,公立中高一貫校入試にも直結します。結局,勉強の動機づけは何でもよいということですね。

 お子様には,楽しんで勉強する機会を多く持って頂きたいと願っています。


掲載日:2018年10月31日
次回の掲載は,2018年11月30日の予定です。

むぎっ子広場 運営事務局からのお知らせ
 いっとく先生へのご質問を随時受け付けています。お問い合わせより,「拝啓保護者様へのご質問」と必ず記載のうえお気軽にお送りください。お待ちしています。