公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

拝啓保護者様

PROFILEいっとく先生プロフィール

いっとく先生

むぎっ子広場は,2006年の開設当初から関与しており,2012年に一度降板しましたが,今回再登板することになりました。「拝啓保護者様」では,保護者の方から頂戴するご質問・ご相談にお答えする形で進めていきます。僭越ながら(と,一応謙遜したうえで),自信たっぷりに持論を展開いたします。
どんぐりスクール主宰 いっとく先生
ホームページ http://www.dongurikorokoro.com

[2021/06/30] 国語力アップのためにいまできること


ご質問:
国語力をアップさせるためにしたほうがよいことを教えてください。

(Mさん・茨城県在住)
※ 頂戴した原文のままを掲載していますが、ご質問の箇所のみを抜粋しました。なお、掲載に際しては事前に許可を頂いております。

お答え:
 国語力とは、突き詰めれば対比関係(変化)の把握にほかなりません。物語文では「AがBになった」という対比的変化、説明文や論説文では「AではなくB」という対比関係さえしっかり読み取れていれば、文章の骨格が理解できているので、答えに至ります。

 しかし、文中からAやBを見つけることは簡単ではありません。具体化と抽象化がくり返され、さまざまな言葉に言い換えられるからです。

 そのため、国語力を強化するには、抽象的な意味を持つ語彙をどれだけ知っているかが重要になってきます。

 抽象的な意味を持つ語彙は二字熟語に多いものですが、それに限ったものではありません。

 たとえば、「優れる」という意味を持つ同意語には、「秀でる」「光る」「長ける」「頭角を現す」「ずば抜ける」「際立つ」「比類ない」「高級」などがあります(ニュアンスはそれぞれ異なります)。または、「右に出る者がない」や「白眉」という言葉を知っている人もいるでしょう。

 こういった言葉が言い換えであることがわからなければ、対比関係(変化)を正しく捉えることはできません。

 よって、国語力をアップさせるためには、対比関係(変化)に注目しましょう。また、それに気づくために、語彙力アップを図ってください。


掲載日:2021年6月30日
次回の掲載は、2021年7月31日の予定です。

むぎっ子広場 運営事務局からのお知らせ
 いっとく先生へのご質問を随時受け付けています。お問い合わせより、「拝啓保護者様へのご質問」と必ず記載のうえお気軽にお送りください。お待ちしています。

[2021/05/31] 親の口癖次第で子どもの未来は変えられる


ご質問:
つい「いまのままじゃ受からないよ」と言ってしまいます。やはりよくないですよね。

(Jさん・千葉県在住)
※ 頂戴した原文のままを掲載していますが、ご質問の箇所のみを抜粋しました。なお、掲載に際しては事前に許可を頂いております。

お答え:
 前回、習慣についてお話ししましたが、言葉づかいも習慣なので、気をつけて頂きたい点です。

 心理学で「恐怖のモチベーション」という言葉があります。たとえば、「いまのままじゃ受からないよ」「また成績が落ちるわよ」などと言うことです。

 マイナスの言葉やネガティブな言葉ばかり聞かされている子どもは、自分がそうなると思い込んでしまいます。その結果、「無理」「できない」が口癖になってしまいます。

 お子さんがすぐに「無理」「できない」と言う場合、その原因をつくり出しているのは、親の口癖にあるという現実はあまり知られていません。

 前回、全国学力テストの調査結果をご紹介しましたが、正答率と生活習慣については、次のような相関関係も明らかになっています。

・成功体験がある子は正答率が高い。
・チャレンジ力がある子は正答率が高い。
・自己肯定感が高い子は正答率が高い。

 では、このような子になるために、親はどのような声かけをすればよいのでしょうか。それは、このコラムですでに何度も述べているように、結果ではなく過程を褒めることと、具体的に叱ることです。

 総論で肯定されている子どもは、各論の注意を素直に受け入れます。大切なのは、「考え方や行動を変えれば、あなたの未来はもっと明るくなる」というメッセージを子どもの心に届けることだと思います。


掲載日:2021年5月31日
次回の掲載は、2021年6月30日の予定です。

むぎっ子広場 運営事務局からのお知らせ
 いっとく先生へのご質問を随時受け付けています。お問い合わせより、「拝啓保護者様へのご質問」と必ず記載のうえお気軽にお送りください。お待ちしています。

[2021/04/30] 春は生活習慣を改める大きなチャンス


ご質問:
最近、子どもの不規則な生活習慣が気になっています。生活習慣は成績に影響するのでしょうか。

(Hさん・東京都在住)
※ 頂戴した原文のままを掲載していますが、ご質問の箇所のみを抜粋しました。なお、掲載に際しては事前に許可を頂いております。

お答え:
 はい。

 全国学力テストでは、正答率と生活習慣の関係性も調査していますが、その結果をまとめると、次のようになります。

・朝食を毎日食べている子は正答率が高い。
・寝る時間が決まっている子は正答率が高い。
・起床時間が決まっている子は正答率が高い。

 そもそも、勉強に限らず、スポーツでも何でも、成功している人はみな、集中力と持続力のある人たちです。

 理由は簡単です。集中力がないまま何十時間、勉強や練習をしても、何の効果もないからです。かえってダラダラする習慣がつくだけでしょう。

 また、多くの人は途中で自分の目標や夢を見失ってしまうため長続き(持続力)しませんが、成功する人は、毎日、目標や夢を意識して行動し続けます。自ずと結果がちがってくるのは言うまでもありません。

 集中力と持続力を育むためには、習慣づくりが効果的です。人間の心は簡単には変わりませんが、行動なら変えられます。そして、よい習慣を身につけて行動を変えることができれば、我慢とか、根性とか、忍耐とか、そういったそもそも「続かない」ものに挑む必要がなくなります。

 我が身を振り返ってみると、長続きしているものはどれも、楽しいとか、楽とか、そういったものではないでしょうか。習慣化とは、いかにして楽しいこと、楽なことに変えていくかがポイントになります。

 不規則なことは、だれにとっても楽しくなく、楽でもありません。毎日、決まった時間に朝食を食べ、決まった時間に寝て、決まった時間に起きる。

 つまり、「早寝・早起き・朝ごはん」は、その第一歩になります。寝不足だったり、おなかが空いていたりした状態では、昼間の集中力がなくなるのは言うまでもありません。

 春は生活習慣を改めるまたとない大きなチャンスです。さっそく今日から始めましょう。


掲載日:2021年4月30日
次回の掲載は、2021年5月31日の予定です。

むぎっ子広場 運営事務局からのお知らせ
 いっとく先生へのご質問を随時受け付けています。お問い合わせより、「拝啓保護者様へのご質問」と必ず記載のうえお気軽にお送りください。お待ちしています。

[2021/03/31] 自分はダメだという自己否定から脱却させる


ご質問:
子どもの口癖は「ぼくはできない」「ダメ」です。勉強に限らず、さまざまな場面でこの口癖を使います。公立中高一貫校に合格するためには、これを何とかする必要があると思うのですが、いっとく先生はどのように思われますか。

(Sさん・長野県在住)
※ 頂戴した原文のままを掲載していますが、ご質問の箇所のみを抜粋しました。なお、掲載に際しては事前に許可を頂いております。

お答え:
 その通りです。「ぼくはできない」「ダメ」が口癖の子どもが、公立中高一貫校に合格するはずがありません。

 この口癖には、より大きな問題をはらんでいると思います。
 何かできないとき、または解けないときに、「ぼくはできない」と才能や資質のせいにしているのではないかということです。もし、才能や資質を理由に「ぼくはできない」とあきらめているのなら、まずはその習慣を変える必要があります。

 ここでのポイントは、「なぜできないのか、自分には何が不足しているのか」と、自分の課題を冷静に分析し、「では、どう改善すればできるようになるのか」を考えられる人に変われるかどうかです。

 みなさんは「メタ認知」という言葉をご存じですか。
 ぜひお調べ頂きたいと思いますが、要は、現在の自分の思考状態を、その場の状況や感情などの影響を排して客観的にモニタリングし、認知することをいいます。

 この認知を「メタ認知」といい、メタ認知により得た知見をもとに自分を修正していくことを「メタ認知的活動」といいます。

 こうした力は、受験はもとより人生においても大変重要になります。何らかの壁にぶつかったとき、そこで挫折して終わってしまうか、それとも乗り越えて成長していけるかが、これで決まります。

 要は「自分にとって何が必要か」と「どうすればできるようになるか」を能動的に考える姿勢が大切です。

 しかし、能動的に考える姿勢は自然には身につきません。そこには必ず、保護者の手助けが必要です。まずはいっしょになって、できない理由を冷静に分析してあげましょう。そして、やり方を変えるなどして、修正を図りましょう。

 これをくり返していくことで、受け身の勉強がいつしか改まり、合格への道を自ら切り拓こうと思うようになります。無論、そのころには「ぼくはできない」「ダメ」という口癖なんて消え失せています。


掲載日:2021年3月31日
次回の掲載は、2021年4月30日の予定です。

むぎっ子広場 運営事務局からのお知らせ
 いっとく先生へのご質問を随時受け付けています。お問い合わせより、「拝啓保護者様へのご質問」と必ず記載のうえお気軽にお送りください。お待ちしています。