公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

拝啓保護者様

PROFILEいっとく先生プロフィール

いっとく先生

むぎっ子広場は,2006年の開設当初から関与しており,2012年に一度降板しましたが,今回再登板することになりました。「拝啓保護者様」では,保護者の方から頂戴するご質問・ご相談にお答えする形で進めていきます。僭越ながら(と,一応謙遜したうえで),自信たっぷりに持論を展開いたします。
どんぐりスクール主宰 いっとく先生
ホームページ http://www.dongurikorokoro.com

[2021/06/30] 国語力アップのためにいまできること


ご質問:
国語力をアップさせるためにしたほうがよいことを教えてください。

(Mさん・茨城県在住)
※ 頂戴した原文のままを掲載していますが、ご質問の箇所のみを抜粋しました。なお、掲載に際しては事前に許可を頂いております。

お答え:
 国語力とは、突き詰めれば対比関係(変化)の把握にほかなりません。物語文では「AがBになった」という対比的変化、説明文や論説文では「AではなくB」という対比関係さえしっかり読み取れていれば、文章の骨格が理解できているので、答えに至ります。

 しかし、文中からAやBを見つけることは簡単ではありません。具体化と抽象化がくり返され、さまざまな言葉に言い換えられるからです。

 そのため、国語力を強化するには、抽象的な意味を持つ語彙をどれだけ知っているかが重要になってきます。

 抽象的な意味を持つ語彙は二字熟語に多いものですが、それに限ったものではありません。

 たとえば、「優れる」という意味を持つ同意語には、「秀でる」「光る」「長ける」「頭角を現す」「ずば抜ける」「際立つ」「比類ない」「高級」などがあります(ニュアンスはそれぞれ異なります)。または、「右に出る者がない」や「白眉」という言葉を知っている人もいるでしょう。

 こういった言葉が言い換えであることがわからなければ、対比関係(変化)を正しく捉えることはできません。

 よって、国語力をアップさせるためには、対比関係(変化)に注目しましょう。また、それに気づくために、語彙力アップを図ってください。


掲載日:2021年6月30日
次回の掲載は、2021年7月31日の予定です。

むぎっ子広場 運営事務局からのお知らせ
 いっとく先生へのご質問を随時受け付けています。お問い合わせより、「拝啓保護者様へのご質問」と必ず記載のうえお気軽にお送りください。お待ちしています。