公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

Mr.ペンギンの取材ノート

PROFILEMr.ペンギンプロフィール

Mr.ペンギン

これまでに100か国を旅してきた元新聞記者。動物好きで,海外の動物園でボランティアをしていた経験も。とりわけペンギンが大好きで,いっしょに泳ぐため,はるばる南アフリカ共和国にまで行きました。公立中高一貫校の情報をたくさん集めて,みなさんにお伝えしていきます。

[2017/11/10] 京都府立南陽高校付属中学校開校へ

 京都府立南陽高等学校(京都府木津川市兜台)は2018年4月に付属中を併設し、府南部で初の公立中高一貫校になります。
 南陽高付属中は定員40人の1クラス。中学2年で中学の学習内容を終え、3年から高校の内容を先取りして学んでいきます。英語は時間数を増やし、中学3年で英検準2級以上の習得を目標にかかげています。
 府教委高校教育課によると、木津川市や精華町は例年、地元の公立中へ進学せず、私学などに行く児童が1割を超え、府内でも多い地域とのこと。京都市内のほか、通学しやすい奈良県や大阪府の国立や私立中に進学する児童も多いとみられています。公立中高一貫校の誕生で、他府県に流出していた児童が地元にとどまることが期待されています。