公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ライズの合格る答案

PROFILEライズプロフィール

R志学会ライズ

私たちライズは,10年前から総力を挙げて公立中高一貫校対策に取り組み,独自の公開模試も運営してきました。その模試の採点時に感じた,「こんなミスがもったいない」「この書き方だと減点になる」といった気づきを,このコラムでは具体例を出しながら紹介し,さらに対処法も伝授していきます。また,公立中高一貫校に在籍する中学・高校生の生の声なども先輩情報として随時紹介していきます。
ホームページ http://www.shigakukairise.jp

[2017/04/24] 公立中高一貫校入試に向けた勉強スタート


 新学期が始まりました。毎日が新鮮(しんせん)です。わくわくしますね。新しい世界に飛びこむのって楽しそう。
 そうです!! 来年のあなたは,中学校というこれまでとはまったくちがう新しい世界に飛びこみます。このホームページを見ているあなたは,中学受験(受検)を決めた人? 迷っている人? どちらにしても,新しい世界に飛びこむための準備期間が「いま」なのです。
 むぎっ子広場では,公立中高一貫校入試にあたってお伝えしたいことを毎月発信していきます。苦しい勉強も楽しみながら取り組むと効果倍増!! お楽しみに。

●4~5月にやっておいてほしいこと
①受験生(受検生)としての自覚を持つ
 公立中高一貫校入試はたいてい1~2月。つまり,入試本番まであとおよそ9か月です。あっという間ですね。合格するために一生懸命(けんめい)勉強に取り組まなければなりません。合格できる実力をバッチリつけるための最高で最適・無敵の学習を始めましょう!!
②受ける公立中高一貫校を決める。学校のことを調べる
 目指す学校を志望校といいます。どの公立中高一貫校を受けるのか,保護者の方や学校の先生,塾の先生に相談しましょう。近所で「公立中高一貫校に合格して通っている」という人がいれば聞いてみましょう。学校の特色を知ることはとても大事です。
 また,志望校の見学に行きましょう。オープンスクールには必ず足を運びましょう。受験(受検)勉強でくじけそうになっても,「あの中学に行きたい,行くと決めたんだ!」と強く思うことができます。

●毎日の生活で取り組んでほしいこと
①早く始める,真剣に取り組む,続ける
 才能や能力だけでは合格できません。「真剣になった時間の長さと深さ」が合格の決め手です。早く受験(受検)勉強を始めること。しかし「ただやればいい」では実力はつきません。やる気と集中力,そして,考えぬくことと反復。つまり「継続は力なり」です。
②学校の勉強も塾の勉強も大事
 授業から得られるものは多いはずです。時間は二度と戻ってきません。集中して授業を受けましょう。
③身の回りのことに興味を持つ
 身の回りの自然や社会で起こるさまざまなことに興味・関心を持ちましょう。「なぜこうなるの?」「私はこう思う」「こんな意見もあるんだ」など,考えるくせをつけること。それを自分の言葉で表現できるよう,日ごろから書いたり話したりして練習しましょう。
④学校や地域の行事などに積極的に参加する
 実際に経験することで,説得力のある作文が書けるようになります。
⑤明るく,素直に
 明るく素直な人は受験(受検)勉強にも真っ向勝負できるので,ぐんぐん伸びます。また,周囲のアドバイスを素直に受け入れることができるので,プラスになる情報が入ってきます。
⑥夢,目標を持つこと
 公立中高一貫校を受験(受検)するのであれば,将来の夢や目標を明確にしましょう。夢や目標に向かって受験(受検)勉強をがんばれるのはいうまでもありませんが,夢も目標もない人は,面接がある公立中高一貫校の場合,他の受検生と比べて見劣(みおと)りします。
⑦正しい言葉遣いをする
 日ごろから正しい言葉を使いましょう。特に,敬語は受験(受検)直前では身につきません。家族や友達にも協力してもらうとよいでしょう。

 受験(受検)勉強は苦しいものです。しかし,一生懸命にがんばれば乗り越えた人にしか味わえない気持ちになれます。自分と向き合う大切で楽しい時間になれば最高ですね。
 あなたの合格をお祈りします。ではまた来月,お会いしましょう。


掲載日:2017年4月24日
次回の掲載は,2017年5月22日の予定です。