公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ライズの合格る答案

PROFILEライズプロフィール

R志学会ライズ

私たちライズは,10年前から総力を挙げて公立中高一貫校対策に取り組み,独自の公開模試も運営してきました。その模試の採点時に感じた,「こんなミスがもったいない」「この書き方だと減点になる」といった気づきを,このコラムでは具体例を出しながら紹介し,さらに対処法も伝授していきます。また,公立中高一貫校に在籍する中学・高校生の生の声なども先輩情報として随時紹介していきます。
ホームページ http://www.shigakukairise.jp

[2017/10/23] あたりまえのことがいつもできるようになろう


 いきなりですが,公立中高一貫校の適性検査問題を解くときに大切なことは何でしょうか。みなさんは,すぐに答えることができますか。
 今回は,次の例題を使って,この問いについて考えていきましょう。

●例題
 緑のカーテンの効果を調べていた太郎さんと花子さんは,次のグラフを見つけました。このグラフより,緑のカーテンにはどのような効果があるといえますか。これまで学習した内容をふまえてその理由も考えて,まとめて説明しなさい。

20171023.png

●3人の児童の解答
児童A 緑のカーテンがあることで室内の温度を下げることができる。
児童B 緑のカーテンには室内温度を下げるはたらきがあります。
児童C 緑のカーテンがあるときとないときを比べると,同じ時刻でも緑のカーテンがあればすずしくなるといえる。

 さて,この3人の児童の解答に共通していることは何でしょうか。それは,どれも効果だけ書けていて,理由が書かれていないということです。一見すると上手に書けているのに,これでは満点を取ることができません。

●模範解答
緑のカーテンのしげった葉が光をさえぎるため,日中の室内温度が上がるのをおさえる効果がある。

 模範解答では,緑のカーテンが温度を下げることができる理由と,その効果がしっかり書けているのがわかると思います。

 さて,はじめにもどりますが,この例題を通して問題を解くときの大切なことがわかりましたね。

 それは,「問題をよく読むこと」と,「問いに沿って答えること」です。

 いま,「そんなのあたりまえじゃん」と思った人がいるかもしれませんね。しかし,このあたりまえが一番の落とし穴です。人間は,あたりまえすぎるとそれに慣れてしまい,重要だと思わなくなっていくからです。
 入試本番が近づいてきたいまだからこそ,この「あたりまえ」のことがしっかりできているかどうかを確認してください。そうすることで,むだな失点を減らすことができるはずです。


掲載日:2017年10月23日
次回の掲載は,2017年11月27日の予定です。