公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ライズの合格る答案

PROFILEライズプロフィール

R志学会ライズ

私たちライズは,10年前から総力を挙げて公立中高一貫校対策に取り組み,独自の公開模試も運営してきました。その模試の採点時に感じた,「こんなミスがもったいない」「この書き方だと減点になる」といった気づきを,このコラムでは具体例を出しながら紹介し,さらに対処法も伝授していきます。また,公立中高一貫校に在籍する中学・高校生の生の声なども先輩情報として随時紹介していきます。
ホームページ http://www.shigakukairise.jp

[2017/12/25] 公立中高一貫校入試直前期の注意点


 すでに12月終盤(しゅうばん)。冬休みの過ごし方で,合否結果は大きく変わってきます。クリスマスやお正月など,楽しい行事がたくさん待っていますが,入試が終わるまではお預けにしておきましょう。
 今回は「公立中高一貫校入試直前期の注意点」の中でも生活面や準備についてまとめていきます。学習面に関してはこちらをご覧ください。


●生活リズムをくずさない
 公立中高一貫校入試本番に向けてラストスパートをかけていく人が多いと思います。そのときに気をつけてほしいことは「無理をし過ぎない」ということです。夜おそくまで勉強をしてかぜを引き,体調をくずしてしまっては,逆に勉強時間が減ります。緊張感(きんちょうかん)も高まり,張り切る気持ちもわかりますが,夜ふかしをし,翌日の昼ごろに起床(きしょう)なんてことでは意味がありません。
 ここでの大切なポイントは,試験本番の時間は日ごろから勉強しておくということです。試験本番で頭の回転をピークに持っていけるリズムをこの冬休み期間中に作り上げておきましょう。そのためには試験開始時間から逆算し,その3時間前には起きる習慣を身につけましょう。もちろん,朝食もしっかりと食べましょう。

●入試当日の服装(ふくそう)と試験会場の下見
 よく「どんな服装で試験を受ければよいですか?」という質問を受けます。小学校指定の制服がある人はその制服で,そうでなければ特に「よい服装・悪い服装」というものはありませんが,温度調節のしやすい服を選びましょう。試験会場が寒いか熱いかは当日になるまでわからないからです。
 また,会場までの交通手段(しゅだん)・所要時間はある程度把握(はあく)しておきましょう。当日は混雑も予想されます。ギリギリになると受検生は心理的にあせってきますので,少し余裕(よゆう)を持って試験会場に向かいましょう。試験会場が志望校の校舎とは異なる場合もあります。そういったときは,事前に試験会場に保護者の方といっしょに行ってみるのもよいでしょう。試験会場が志望校の場合は,おそらく学校説明会などで何度か訪れたはずですから,必ずしもその必要はありません。ただし,モチベーションアップのために訪れるのであれば,人によっては効果的かもしれません。

●試験前日
 やることはやってきた! あとは明日全力を出し切るのみ!
 試験前日に難しい問題にわざわざチャレンジする必要はありません。かえって不安になるだけです。これまでに学んできたことを復習しつつ,試験会場に持っていく持ち物のチェックをしましょう。忘れ物があると,大きく動揺(どうよう)してあせりますよ。
 なお,試験当日は復習教材を持っていきましょう。その教材とはこれまでに最も使ってきたものがよいでしょう。「こんなにたくさん勉強した」という自信にもつながります。また,直前に見直した単元が出題されたという感想を寄せてくれた先輩(せんぱい)たちがたくさんいます。

 さあ,ラストスパートです。体調管理に気を使いながら,最大限,合格につながるアプローチをこの冬休みにかけていきましょう。


掲載日:2017年12月25日
次回の掲載は,2018年1月22日の予定です。