公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ライズの合格る答案

PROFILEライズプロフィール

R志学会ライズ

私たちライズは,10年前から総力を挙げて公立中高一貫校対策に取り組み,独自の公開模試も運営してきました。その模試の採点時に感じた,「こんなミスがもったいない」「この書き方だと減点になる」といった気づきを,このコラムでは具体例を出しながら紹介し,さらに対処法も伝授していきます。また,公立中高一貫校に在籍する中学・高校生の生の声なども先輩情報として随時紹介していきます。
ホームページ http://www.shigakukairise.jp

[2018/08/27] 正確に問題を読み解く力を身につけよう


 今回は,「正確に問題を読み解くこと」について考えていきます。公立中高一貫校入試に限らず,日々の勉強やテストなどで,問題文をよく読んでいないことが原因で,答えをまちがえてしまったという経験があるでしょう。難しそうに見える問題も,しっかり読みこんでいけば解ける問題は多いものです。逆を言えば,そういった問題こそ,公立中高一貫校入試本番では,合否の分かれ目になります。気を引きしめて取り組むことが大切です。


■問題例
 夏休み期間中(7月27日~8月25日),学級花だんに水やりをするために,たつやくんたちが4人で当番表を作りました。
かな:4人の予定を表にまとめてみたわ。グレーになっている日は,予定があって学校に来られない日よ。
あきら:じゃあ,この4人で水やりの当番を考えてみよう。しかも,4人の当番の回数はできるだけそろうようにして,仮に差があったとしても1回に限定しようよ。
ももこ:賛成。水をあげない日もできるだけ少なくなるようにしたいわね。
たつや:でも,雨がふる日もあるだろうし,花だんに1日か2日水をやらなくてもかれることはないと思うんだ。それより,連続で水をあげない日が続くほうが心配だよ。

20180827.png

問題 下線部について,花だんの水やりをできるだけ規則正しく,かつ,水やりをする日数を多くしたいとき,1人あたり合計で何日間当番をすることになるか,まとめて答えなさい。ただし,1日の水やり当番は1人だけとします。

■誤答例・解説
・11日間
「水やりをする日数を多くしたい」という条件のみに注目して,ももこさんが来られる日をすべて数えてしまっています。
・6日間
 あきらくんとたつやくんが来られる日数(各6日間)のみを見ている場合です。この2人が来られる日が重複していることも見のがしています。
・7.5日間
 来られる日をそれぞれ数えると,あきらくんが6日,かなさんが7日,たつやくんが6日,ももこさんが11日だから,平均して,30÷4=7.5日としています。「4人の当番の回数はできるだけそろうようにして」という条件のみを考えた結果です。0.5日という日は存在しないことに気づかなければなりません。

■解答・解説
解答 3日間が1人,4日間が3人
解説 会話文中でももこさんが述べている「水をあげない日もできるだけ少なくなるようにしたい」という条件と,たつやくんが述べている「花だんに1日か2日水をやらなくてもかれることはない」「連続で水をあげない日が続くほうが心配」という内容に着目し,まずは,2日おきに予定表にチェックを入れていきます。すると,水やりの日が,7月27日,7月30日,8月2日,8月5日,8月8日だとわかります。
 しかし,その次の予定日である8月11日はだれも登校できません。そこで,1日前だおしして,8月10日を水やりの日とします。その後は,また2日おきとして,8月13日,8月16日,8月19日,8月22日,8月25日とすれば,計11日間の水やりの日が決まります。実際に,4人のスケジュールをあてはめていくと,たつやさんだけが2日間(7月30日と8月13日)で,残りの3人が3日間来ればよいとわかります。

 正確に問題文を読み進めていけば,必ずヒントがかくされているのが公立中高一貫校入試です。あわてて一部分だけを読んでかんちがいしないように気をつけましょう。問題文の文章量が多いからこそ,落ち着いて正確に読み解く必要があります。日ごろからその習慣をつけていきましょう。


掲載日:2018年8月27日
次回の掲載は,2018年9月24日の予定です。