公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ライズの合格る答案

PROFILEライズプロフィール

R志学会ライズ

私たちライズは,10年前から総力を挙げて公立中高一貫校対策に取り組み,独自の公開模試も運営してきました。その模試の採点時に感じた,「こんなミスがもったいない」「この書き方だと減点になる」といった気づきを,このコラムでは具体例を出しながら紹介し,さらに対処法も伝授していきます。また,公立中高一貫校に在籍する中学・高校生の生の声なども先輩情報として随時紹介していきます。
ホームページ http://www.shigakukairise.jp

[2018/10/22] 出題者の意図を読み取ることが何よりも大切です


 公立中高一貫校入試まで残りわずかです。今後は体調管理も大切になってきます。受検勉強に万全で臨めるように気をつけていきましょう。

 今回のテーマは,「出題者の意図をしっかり読み取ろう」です。公立中高一貫校入試に限った話ではありませんが,入試は,出題者と受検生の対話です。たとえば,日常の何気ない会話で,「動物は何が好きですか。」と聞かれたのに,「ハンバーグです。」と答えたらおどろきますね。相手が何を知りたいのかをしっかり聞き取り,それに合わせて答える。これは,コミュニケーションを取るための最低限のきまりですが,それは入試問題を解くときも同じです。

 では,問題と解答例から見ていきましょう。

■問題例
 暖かい空気は部屋の天井付近に集まり,冷たい空気は足元に集まる。これが空気の性質です。では,この非効率さを解消し,快適に過ごすにはどうすればよいのでしょうか。
 たとえば,冷房(れいぼう)を使うとき,同時に扇風機(せんぷうき)を使えばよいでしょう。部屋の中の空気を循環(じゅんかん)させて,天井付近と足元の温度差をなくせば,エアコンの設定温度を下げずに効率よく部屋を冷やすことができます。
 では,効率よく部屋全体を暖める具体的な方法を書きなさい。

■解答例
暖房を使うとき,空気のふき出し口を下向きにして,室温がどこも同じになるようにする。

■誤答例
部屋の中の空気を循環させて天井付近と足元の温度差をなくす。

■解説
 誤答例を見ると,「部屋の中の空気を循環させる」ことは書かれていますが,そのための具体的な方法が書かれていません。問題文を読むと,「具体的な方法」を書くように指示されていますから,それが書かれていない解答は減点どころか0点になるので注意しましょう。
 なお,効率よく部屋全体を暖めるために扇風機を使う方法もありますが,この場合は,扇風機を置く場所や風速に注意しなければ,空気の温度が下がってしまうので,実際に使うときは注意しましょうね。

 問題文で何が問われているのかを読み取ることは,入試問題を解く最低限のきまりですが,「言うは易く行うは難し」で,これが難しい。志望校の過去問などを解くとき,常に出題者の意図を考え,何を答えればよいのかを意識してください。これが合格への近道ですから。

 では,最後の最後まで集中力を切らさず,くいの残らない受検勉強を続けていきましょう。


掲載日:2018年10月22日
次回の掲載は,2018年11月26日の予定です。