公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ライズの合格る答案

PROFILEライズプロフィール

R志学会ライズ

私たちライズは,10年以上前から総力を挙げて公立中高一貫校対策に取り組み,独自の公開模試も運営してきました。その模試の採点時に感じた,「こんなミスがもったいない」「この書き方だと減点になる」といった気づきを,このコラムでは具体例を出しながら紹介し,さらに対処法も伝授していきます。また,公立中高一貫校に在籍する中学・高校生の生の声なども先輩情報として随時紹介していきます。
ホームページ https://www.shigakukairise.jp

[2020/05/25] 算数の基礎知識・計算をしっかり身につけよう


 今回は、題材は社会ですが、算数のお話です。
 公立中高一貫校入試では、社会を題材にしつつも、数値計算を求める出題があとを絶ちません。小学校の学習に欠かせない、がい数、割合などは、算数系の問題でなくても聞かれる重要な単元です。

■問題例
 次の文は、佐賀県と宮崎県の棄権(きけん)者数について説明した文です。次の資料を参考にして、( A )~( C )に算用数字を入れて文を完成させなさい。なお、棄権者とは「有権者で投票しなかった人」のことです。

「佐賀県は棄権者数が約( A )万人と、宮崎県よりも約( B )万人少なく、棄権者率も約( C )%低い。

資料 平成24年衆議院議員選挙(小選挙区)における佐賀県と宮崎県の数値
・佐賀県 有権者数 684640人
     投票者数 423545人
     投票率  61.86%
・宮崎県 有権者数 927973人
     投票者数 516815人
     投票率  55.69%

■解答
( A ) 26
( B ) 15
( C ) 6

■解説
 問題文中にある通り、棄権者は有権者で投票しなかった人のことなので、「棄権者=有権者-投票者」で求められます。よって、佐賀県の棄権者数は、68万人-42万人=26万人だとわかります。
 一方、宮崎県は、93万人-52万人=41万人なので、佐賀県は宮﨑県より、41万人-26万人=15万人少ないことがわかります。さらに棄権者率を見ると、佐賀県が約62%、宮崎県が約56%なので、62%-56%=6%低くなっています。

 次に、気をつけるべき点を見ていきます。
 まず、( A )の解答の形式を見ると、(  )万人となっているので、数値は千の位で四捨五入し、万の位までのがい数にします。このとき、端数(はすう)を切ってしまうと計算が合わなくなります。社会の問題ですが、算数の基礎知識を必要とする問題です。
 また、( B )では、「宮崎よりも」という言葉から、差を求めなければいけないことがわかります。さらに( C )では、「棄権者率も」という説明より、引き続き、佐賀県と宮崎県を比べていることがわかるので、こちらも棄権者率を十分の一の位で四捨五入し、一の位までのがい数にして差を求めます。

 以上の点に気をつけながら、3名の児童が書いた解答を見ていきましょう。

■誤答例1
佐賀県は棄権者数が約( 3 )万人
 これはけた数をまちがえているのでしょう。十万の位までのがい数にしています。

■誤答例2
宮﨑県よりも約( 62 )万人少なく
 これは、佐賀県の投票率の61.86%を四捨五入して62という数字を出したようですね。そもそも棄権者数でないうえに宮崎県と比べておらず、問われていることが正しく理解できていません。

■誤答例3
棄権者率も約( 5 )%低い
 これは、佐賀県の61.86%を61%、宮崎県の55.69%を56%として61%-56%=5%としたのでしょう。四捨五入のはずが、片方は切り捨てていますので、統一性のない計算になっています。


 このように、社会の問題であっても算数の基礎知識・計算が聞かれることがあります。今回は投票率は計算しませんでしたが、割合も重要単元ですので、必ず求められるようにしておきましょう。苦手な人はいまがチャンスですよ。

 また、計算の前段階である、「この問題では何が問われているのか」も大切にしましょう。志望校合格のためには、まず、問題文を正しく読み取り、正しい知識・計算で答えられるようになりましょう。それが志望校の合格には欠かせません。


掲載日:2020年5月25日
次回の掲載は、2020年6月22日の予定です。

[2020/04/27] 1学期は正確な基礎知識の習得を目指そう


 新型コロナウイルスがどうとか、小学校がお休みになったとか、世の中が目まぐるしく変わっていますが、いつの時代も、みなさんに求められているのは「ひたむきに勉強に取り組む姿勢」です。こんなときだからこそ、勉強した人としなかった人の差が来春の結果に直結します。

 いま、まさにいまのこの時期の時間の使い方が大切です。

 では、家庭で何を勉強すればよいのでしょうか。結論は出ています。基礎知識を徹底的に頭に入れることです。公立中高一貫校入試であっても「知識で解ける問題」はみなさんが思っているよりも多く、さらにいえば、基礎知識がなければ解けない問題がほとんどです。それらを確実に理解し、暗記しておくこと。そして、適性検査問題が解ける足がかりとしての知識を持っておくことが非常に重要です。

 たとえば「方角」。16方位をすべて正しくいえますか。
 先日、あるテストで、方角を問う問題を出題しました。一人の児童の解答は「東南」でした。正しくは『南東』ですね。「東南アジア」や「東北地方」といった言葉があるので、まちがえやすいのだと思いますが、正確な知識があれば迷わず正解できます。もちろん「地図記号」などの周辺の知識も復習をお願いします。

 また、電磁石の磁力を強くする方法を問う問題も出題しました。みなさんはすぐに、「コイルに鉄芯を入れる。」「流れる電流を強くする。」「コイルの巻き数を増やす。」という3つが頭にうかびますか。

 こういった基礎知識は、理科と社会に多くあるように思われますが、算数でもあります。多くのみなさんが苦手としているのは、単位量あたりの問題、割合、速さです。公式の丸暗記法を考える前に、なぜそのような公式になるのかを考えましょう。

 こういった「基礎で落とさない」「足元を固める」学習は、時間のあるいまだからこそできる。いや、いましかできないことです。たっぷり時間をかけて、今後の学習の土台を築いていってください。


掲載日:2020年4月27日
次回の掲載は、2020年5月25日の予定です。

[2020/03/23] 小学6年生はいますぐに受検生になろう


 新型コロナウイルスによる休校のえいきょうで、私たちはみなさんの生活リズムがくずれてしまったのではないかと心配しています。本来、小学校で勉強している時間にだらだらと過ごし、夕方から夜にかけて、家庭学習の時間になっても、そのスタイルからぬけ出せない人がいるかもしれません。

 もし、そうであるならば、一刻も早く勉強習慣を取りもどしましょう。一日中勉強しろとは言いません。一日のうちで、勉強する時間をしっかり決め、それを守りましょう。それだけで十分です。大切なことは、いつも同じ時間に決まったことをする「習慣」を意識して実行することです。

 それができたら、次に、できるだけ早い段階で、志望校の過去問(かこもん)を解いてみましょう。それが、受検生になる第一歩です。実際に問題を解いて答え合わせをし、配点がわかっているなら、だいたいでよいので点数も出してみましょう。

 そうすることで、現在の自分にとって歯が立たない問題なのか、または、ある程度解けそうなのかなどのイメージがつかめます。通塾している人は塾の先生に、むぎっ子広場を利用している人は担任の先生に聞いて、どの程度の得点率があれば自分の志望校に合格できるのかを教えてもらい、現在の自分の学力と合格に必要な学力の「差」を確認しましょう。

 それがわかってはじめて、その「差」をうめていく勉強のスタートです。現在の自分の位置の確認をしないまま、公立中高一貫校対策の問題集を買ってきて解いてみたり、塾に通ったりするだけでは受検生になったとは言えず、当然成績アップもかないません。

 まずは自分の現状把握(げんじょうはあく)をしっかりしましょう!!


掲載日:2020年3月23日
次回の掲載は、2020年4月27日の予定です。