公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ライズの合格る答案

PROFILEライズプロフィール

R志学会ライズ

私たちライズは,10年以上前から総力を挙げて公立中高一貫校対策に取り組み,独自の公開模試も運営してきました。その模試の採点時に感じた,「こんなミスがもったいない」「この書き方だと減点になる」といった気づきを,このコラムでは具体例を出しながら紹介し,さらに対処法も伝授していきます。また,公立中高一貫校に在籍する中学・高校生の生の声なども先輩情報として随時紹介していきます。
ホームページ https://www.shigakukairise.jp

[2020/01/27] 礼に気をつけるだけで印象が変わります


 いよいよ受検本番という人も多いでしょう。緊張しますね。

 私達ライズの受検は1月はじめに終わり、結果も出ました。過去最高タイの合格者数で、ほっと胸をなでおろしています。これから本番をむかえる人は、ぜひがんばってください。

 さて、今回は面接のときの「礼」についてお話しします。みなさんが受検する公立中高一貫校では面接試験がありますか。あるとしたら、その対策はできていますか。

 礼にはいくつかの仕方がありますが、面接でよく使うのが30度の礼です。30度といわれてもどのくらいかわからないかもしれません。目安としては、
 礼をして自分の位置から2メートル位前の床を見る
と考えてください。

 2メートルといえば、試験官の足元くらいになることが多いので、それを目安に目線を下げればちょうどよくなります。逆に、礼をしたときに自分の足下が見えているのは、深く頭を下げすぎています。ちょっと頭を起こしながら礼をするくらいがきれいです。

 背筋がのびていれば、頭が下がりすぎないはずです。背筋を伸ばすには「背骨に長い棒をはりつけている」というイメージを持てばよいでしょう。

 もう一つ、礼をきれいに見せる方法があります。礼をするときに、頭を下げるのではなく
 おしりを後ろにつき出す
ようにする、というものです。

 礼をするとき、多くの人が頭から下げようとしたり、腰(こし)を曲げて礼をしようとしたりします。しかし、これでは手が動いたり、頭が下がりすぎたりして、あまりきれいな礼になりません。

 そこで、背筋をのばして、おしりを後ろにつき出すイメージで礼をすれば、きれいな礼になります。そうすると、足の裏側(背中側)が張ったようになるはずです。それを感じてください。

 そして、最後に大事なことは、
 一つひとつの動作を止める
という点にも気をつけましょう。

 礼と同時に「お願いします」や「失礼します」などと言う場面が多くありますが、そのときに「礼をしながら言う」のではなく、「お願いします」と言ってから、礼をしましょう。

 また、礼が終わるか終わらないかのうちに歩き出したり、次の動作に入ったりしないという点にも注意しましょう。一つひとつの動作を1回ずつ止めるように意識すれば、きれいな礼、きれいな動作になります。

 ぜひ事前に何度も練習して本番に活かしてください。礼に気をつけるだけで印象が変わり、合格をたぐり寄せることができます。


掲載日:2020年1月27日
次回の掲載は,2020年2月24日の予定です。