公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ライズの合格る答案

PROFILEライズプロフィール

R志学会ライズ

私たちライズは,10年以上前から総力を挙げて公立中高一貫校対策に取り組み,独自の公開模試も運営してきました。その模試の採点時に感じた,「こんなミスがもったいない」「この書き方だと減点になる」といった気づきを,このコラムでは具体例を出しながら紹介し,さらに対処法も伝授していきます。また,公立中高一貫校に在籍する中学・高校生の生の声なども先輩情報として随時紹介していきます。
ホームページ https://www.shigakukairise.jp

[2020/02/24] だれもが最高の宝を手に入れた!!


すべての公立中高一貫校で入試が終わりました。受検を終えたみなさん、本当にご苦労様でした。そして、これから受検勉強を本格的に始める小学5年生のみなさん、ようこそ!!

 私たちライズは、塾生のがんばりで大分県立大分豊府中学校(120名定員)に35名合格し、合格者数では県下ナンバーワンの塾になりました。しかしながら、不合格だった塾生がいるのも事実です。

 ただし、受検結果がどうであろうと、1年間受検勉強を一生けん命にがんばってきたという事実は裏切りません。思い通りの結果が出なかった人は、これから通う中学で、一生の親友ができるかもしれません。人生を変える先生に出会うかもしれません。入学してよかったと思うことが起きる可能性は十分にあるわけです。

 つまり、大切なのは「考え方」です。この合否はゴールではありません。この合否を受け止めて、次に進むことが大切です。合格し、それにうかれて勉強せず、成績がふるわない6年間を過ごす人もいます。不合格だったけれど、それをバネに中学校に入学してずっとトップを走り、次の高校入試や大学入試でよい結果を出す人もいます。

 要は、「よし! 中学でもがんばるぞ!」と考えてほしいわけです。そうすれば、この1年間受検勉強に打ちこんだ努力が、中学で花開いていきます。

 いま、みなさんは新たなスタートラインに立ちました。そのことを自覚し、これまでの努力を糧(かて)に最高の中学校生活をスタートさせましょう!!

 みなさんがこの1年間で身につけた最高の宝は「学習習慣」です。それを大切にしてください。


掲載日:2020年2月24日
次回の掲載は、2020年3月23日の予定です。