公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ライズの合格る答案

PROFILEライズプロフィール

R志学会ライズ

私たちライズは,10年以上前から総力を挙げて公立中高一貫校対策に取り組み,独自の公開模試も運営してきました。その模試の採点時に感じた,「こんなミスがもったいない」「この書き方だと減点になる」といった気づきを,このコラムでは具体例を出しながら紹介し,さらに対処法も伝授していきます。また,公立中高一貫校に在籍する中学・高校生の生の声なども先輩情報として随時紹介していきます。
ホームページ https://www.shigakukairise.jp

[2020/03/23] 小学6年生はいますぐに受検生になろう


 新型コロナウイルスによる休校のえいきょうで、私たちはみなさんの生活リズムがくずれてしまったのではないかと心配しています。本来、小学校で勉強している時間にだらだらと過ごし、夕方から夜にかけて、家庭学習の時間になっても、そのスタイルからぬけ出せない人がいるかもしれません。

 もし、そうであるならば、一刻も早く勉強習慣を取りもどしましょう。一日中勉強しろとは言いません。一日のうちで、勉強する時間をしっかり決め、それを守りましょう。それだけで十分です。大切なことは、いつも同じ時間に決まったことをする「習慣」を意識して実行することです。

 それができたら、次に、できるだけ早い段階で、志望校の過去問(かこもん)を解いてみましょう。それが、受検生になる第一歩です。実際に問題を解いて答え合わせをし、配点がわかっているなら、だいたいでよいので点数も出してみましょう。

 そうすることで、現在の自分にとって歯が立たない問題なのか、または、ある程度解けそうなのかなどのイメージがつかめます。通塾している人は塾の先生に、むぎっ子広場を利用している人は担任の先生に聞いて、どの程度の得点率があれば自分の志望校に合格できるのかを教えてもらい、現在の自分の学力と合格に必要な学力の「差」を確認しましょう。

 それがわかってはじめて、その「差」をうめていく勉強のスタートです。現在の自分の位置の確認をしないまま、公立中高一貫校対策の問題集を買ってきて解いてみたり、塾に通ったりするだけでは受検生になったとは言えず、当然成績アップもかないません。

 まずは自分の現状把握(げんじょうはあく)をしっかりしましょう!!


掲載日:2020年3月23日
次回の掲載は、2020年4月27日の予定です。