公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ライズの合格る答案

PROFILEライズプロフィール

R志学会ライズ

私たちライズは,10年以上前から総力を挙げて公立中高一貫校対策に取り組み,独自の公開模試も運営してきました。その模試の採点時に感じた,「こんなミスがもったいない」「この書き方だと減点になる」といった気づきを,このコラムでは具体例を出しながら紹介し,さらに対処法も伝授していきます。また,公立中高一貫校に在籍する中学・高校生の生の声なども先輩情報として随時紹介していきます。
ホームページ https://www.shigakukairise.jp

[2020/11/23] 自分の答えを見直してうっかりミスをなくそう


 いよいよラストスパートをかける時期になりました。入試本番がせまってくるとあせる気持ちが大きくなってくると思いますが、1つひとつ積み上げて、最後の最後までしっかり準備しましょう。新しいものばかりに手をつけず、これまで取り組んできたことを復習し、「じぶんはできる」「きっとできる」という自信をつけてください。

 今回は、意識してすれば残り少ない期間でもまだまだ得点アップが期待できる「自分の答えを見直す方法」について説明します。

■問題例
 円周率とは何ですか。「割合」という語を必ず用いて説明しなさい。

■解答例
円の直径の長さに対する円周の長さの割合。
円の半径の長さに対する円の面積の割合。
などから1つ

 大前提として、「割合」という語を使っているかどうかの確認が必要です。一般的には同じ意味の「比」という語を使うこともできますが、本問には不適です。「割合」という語を必ず用いて・・・と指示されているので、それにしたがいましょう。この語がなければ、どんなに正しい内容でも0点にされます。

 次に、自分の答えを見直すときは、文意が通じているかどうかのチャックも欠かさずにしましょう。そもそも、自分が読んで理解できない答えを、採点者(志望校の先生)が理解できるはずもありません。

■誤答例1
直径に対する円周の比率
■誤答例2
円周率は、割合で表す決まった数

 誤答例1が0点になるのは先ほど申し上げた通りです。「比率」も「割合」も「比」も同じ意味ですが、「割合」という語を必ず用いて・・・と指示されているのに、わざわざ「比率」という語を使うのは、「何が何でも合格したい」という熱意をまったく感じません。

 誤答例2は、円周率の説明とはいえません。「割合で表す決まった数」なんて、いくらでもあるからです。

 たとえば、消費税率がそうです。商品価格に10%(標準税率)をかければ消費税がわかります。税込価格で考えたいのなら、1.1倍すればいいですね。まさに割合です。

 円周率についていえば、円の直径の長さに3.14をかければ円周の長さが出ますと言っているだけです。だからこそ、「円の直径の長さ」「円周の長さ」、または「円の半径の長さ」「円の面積」といったことばが必要です。

 このように、割合には必ず「もとにする量」と「比べられる量」の2つがあるので、それを示さなければ正解にはならないという点に注意をはらいましょう。

 内容は完ぺきなのに、指示された条件を見落として0点になるのはあまりに悲しいですね。また、文意が通じなかったり、基礎・基本に沿った答えが書けていなかったり、誤字・脱字があったり・・・・・・。

 こういったうっかりミスがきっかけで不合格になる人がどれほど多いか。
 入試本番では、「すべての条件を満たしているか」「自分が読んで納得できるか」「誤字・脱字はないか」を中心に、自分が書いた答えを見直して合格をたぐり寄せましょう。


掲載日:2020年11月23日
次回の掲載は、2020年12月28日の予定です。