公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ライズの合格る答案

PROFILEライズプロフィール

R志学会ライズ

私たちライズは,10年以上前から総力を挙げて公立中高一貫校対策に取り組み,独自の公開模試も運営してきました。その模試の採点時に感じた,「こんなミスがもったいない」「この書き方だと減点になる」といった気づきを,このコラムでは具体例を出しながら紹介し,さらに対処法も伝授していきます。また,公立中高一貫校に在籍する中学・高校生の生の声なども先輩情報として随時紹介していきます。
ホームページ https://www.shigakukairise.jp

[2021/03/22] サクラが舞い散る木の下で受験生は何をする??


 いよいよ新年度が始まります。これから公立中高一貫校対策の勉強を始めようという人も多いでしょう。来年1~2月が入試のピークですので、新小学6年生にとっては、およそ約10か月間が勝負ということになります。

 最初の一歩として「何から始めればよいのか」についてお話しします。

●受験生(受検生)としての「強い意識」を持つ
 公立中高一貫校を目指すみなさんにお伝えしたいことは、まずはじめに、「受験生としての意識を持ってほしい」ということです。夏をすぎればだれもが真剣になるため、自分がどんなにがんばっても、前を走る人との差はなかなか縮まりません。
 いかに早く勉強モードに入り、真剣に取り組むかで合否が決まります。つまり、志望校に合格できるかどうかは、能力の問題ではなく「真剣になった時間の長さで決まる」と覚えておいてほしいと思います。

●志望校の過去問を実際に解いてみる
 まずは、志望校の過去問を「本気」で解いてみましょう。くり返します。「本気で解く」が重要です。ながめるだけではいけません。試験時間を守って、本気で解きましょう。ただし、実際には多くの問題は解けないでしょう。当然です。それで構いません。そうすることによって「まずいな、これは大変だ。真剣に勉強しなきゃ」と感じることができるでしょう。それが「受験生としての強い意識」を芽生えさせてくれます。
 と同時に、どういう問題が出るかを肌で感じることができます。「いまの自分には手も足も出ないな」とか、「こういう問題や分野は苦手だな」と実感できます。すると、その次にしなければならないことが見えてきます。そうやって、本気の勉強がスタートします。

 サクラが舞い散る木の下で受験生は何をする??

 答えは、そもそも受験生はサクラが舞い散る木には近づきません。
 いますぐ机に向かいましょう。


掲載日:2021年3月22日
次回の掲載は、2021年4月26日の予定です。