公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ライズの合格る答案

PROFILEライズプロフィール

R志学会ライズ

私たちライズは,10年以上前から総力を挙げて公立中高一貫校対策に取り組み,独自の公開模試も運営してきました。その模試の採点時に感じた,「こんなミスがもったいない」「この書き方だと減点になる」といった気づきを,このコラムでは具体例を出しながら紹介し,さらに対処法も伝授していきます。また,公立中高一貫校に在籍する中学・高校生の生の声なども先輩情報として随時紹介していきます。
ホームページ https://www.shigakukairise.jp

[2021/07/26] 夏休みは基礎固めのラストチャンス


 夏休みは受験(受検)の天王山といわれ、とても大切な時期です。

 では、何をするか??

 難しい問題に挑戦(ちょうせん)してみたり、志望校の過去問を片っ端(かたっぱし)から解いてみたり。
 どちらも大切な勉強ですが、ちょっと待って!!
 それは、いまの自分に本当に必要なことか、よく考えてみましょう。

 では、何をすべきか??

 それは「基礎固め」です。
 夏は、受験に向けた土台作りのラストチャンスなのです。

 これから4つの質問をします。すぐに答えてください。

1 次の5つの漢字を読みなさい。
  「裁つ」「熟れた」「専ら」「割く」「担う」
2 「SDGs」とは何か説明せよ。
3 「中央値」と「最頻値」のちがいを説明せよ。
4 「ふりこの等時性」とは何か説明せよ。

 さて、いかがでしたか。
 自信をもってすぐに答えることができましたか。

 これらはすべて教科書に書かれてある内容で、公立中高一貫校入試では基礎中の基礎とよべるものです。

 また、47都道府県名はすべて漢字で書けますか。
 小学5年生までに47都道府県名に用いられている漢字はすべて学習するため、入試本番で都道府県名をひらがなで書こうものなら、即座に0点にされ、不合格まっしぐら・・・かも。

 現実は厳しいのです。

 夏休みが終わったら、いま以上にすべきことが増えてきて、基礎固めをしている時間はもはや残されていません。

 あとになってから、「ヤバい。教科書に書かれてある内容さえ理解できていない。」とあせることがないよう、どの教科も確実に基礎を固め、そのうえで、弱点の克服(こくふく)と強化をはかっておきましょう。


掲載日:2021年7月26日
次回の掲載は、2021年8月23日の予定です。