公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

カッシー先生

PROFILEカッシー先生プロフィール

カッシー先生

中学受験36年のキャリアがお届けするとっておきの秘策。特に公立中高一貫校の適性検査では,社会科的な知識だけでなく,算数で学習する割合なども同時に求められます。社会と数的処理をじっくり解説していきますよ。
高桐アカデミー塾長 カッシー先生
ホームページ http://www.kotoac.com

[2017/04/10] 世界で最も新しい国と古い国はどこだろう??


 みなさんは,世界にはいくつの国があるか知っていますか。実は,この疑問に対しての明確な答えはないようです。

 日本が国として認(みと)めているのは現在196か国ですが,その中には国連に加盟(かめい)していないバチカン,コソボ,クック,ニウエの4か国がふくまれています。国連に加盟している国の数は193か国ですが,その中には日本が認めていない北朝鮮がふくまれています。ちなみに,いまから50年前の1967年の加盟国は123か国です。国連加盟国はどんどん増えています。

 では,新しい国が生まれるとはどういうことでしょう。何もない場所に国が生まれるのは神話の世界しかありません。実際には,それまである国の植民地や特定の地域(ちいき)が新しい国家として自立し,自ら決定権を得ることを「独立」といいます。独立するためには,まず,その国に住んでいる住民,つまり「国民」がそこにいることが必要です。さらにその国が領有する「領土」,政治をおこなうための「政府」も必要ですね。これらの条件を満たしたうえで,独立した国がほかの多くの国に認められることによって,国際社会でやっと新しい国となることができるのです。

 国連に加盟している国のうち,最も新しい加盟国は南スーダンです。この国は,1980年代から20年以上内戦が続いたスーダンから分かれて2011年に独立し,193番目の国連加盟国になりました。南スーダンの首都ジュバには,2012年1月から国連平和維持(いじ)活動(PKO)で日本の自衛隊が派遣(はけん)されています。目的は荒(あ)れた国土の整備を支援(しえん)することでしたが,2013年に内戦が始まり,避難(ひなん)してくる人々の警護(けいご)が最重要任務になりました。ただし,陸上自衛隊は今年5月で任務を終わらせ,帰国することになりました。

 南スーダンは石油の埋蔵量(まいぞうりょう)が多いため,その利益をめぐる争いが絶えません。国民は貧しく,南スーザンは世界で最も貧しい国の一つに数えられています。新しい国を作るだけでなく,その新しい国で生活する国民が,安全・安心に生活できるようになることが国のリーダーたちの責任のはずですが,現状ではそうなっていません。

 では,現在国連に加盟している国の中で一番古い国はどこだと思いますか。実は,日本という説が有力です。アメリカ合衆国(がっしゅうこく)も古い国の一つですが,国家自体は1776年に形成されており,日本では江戸(えど)時代中期にあたります。

 小学6年生のみなさんは,これから社会科の授業で歴史を学習します。日本の歴史を学ぶことは,世界の歴史と同じ意味を持つということでしょう。


掲載日:2017年4月10日
次回の掲載は,2017年5月8日の予定です。