公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

カッシー先生

PROFILEカッシー先生プロフィール

カッシー先生

中学受験37年のキャリアがお届けするとっておきの秘策。特に公立中高一貫校の適性検査では,社会科的な知識だけでなく,算数で学習する割合なども同時に求められます。社会と数的処理をじっくり解説していきますよ。
高桐アカデミー塾長 カッシー先生
ホームページ http://www.kotoac.com

[2019/06/10] 植物工場で野菜を生産する利点とは??


 今回は,公立中高一貫校入試の最新トピックである植物工場を取り上げます。

 種まきから収かくまでを建物の中でおこなうのが植物工場です。この工場が登場したのはいまから30年以上前の1980年代でした。

 理科の授業で,植物が発芽するためには水と空気と適温が必要であり,成長するためにはそれに加えて肥料と日光が必要だと学習しましたね。植物は光合成をおこない,自らでんぷんなどを作り出します。光合成とは,水と二酸化炭素を原料として,葉緑体という工場ででんぷんなどをつくるはたらきのことで,そのときにエネルギー源として日光を利用しているとイメージすればわかりやすいでしょう。そのとき出る余り物が酸素です。

 植物工場では日光の代わりに人工光を使い,土を使わずに水耕さいばいをおこないます。また,工場は室内なので空調設備を整え,植物の成長を管理することができます。自然環境(かんきょう)に左右されずに野菜を育てることができます。

 しかし,そのためには工場や設備の建築費や空調,人工光の維持(いじ)管理費など多額のお金がかかります。また,品質の整った野菜を生産する技術を確立することが難しく,企業(きぎょう)として利益を出すことができない時代が長く続きました。

 2000年代に入ると,植物工場を取り巻く環境に変化がおとずれます。天候不順により野菜の価格が上がり,一方で,LEDを用いることで電気代をおさえることができるようになり,植物工場の採算が取れるようになったのです。

 ここで余談。
 光合成がさかんにおこなわれるには,室内の人工的なLEDの光よりも自然の中での太陽光のほうがよいと思いませんか。しかし,その考えはまちがいです。太陽光の中には植物の成長をはばむ光がふくまれているため,LEDを使って成長に必要な光だけを当て続ければ,自然の中で育てるよりも短い時間で収かくできるようになります。さらに,当てる光の組み合わせを変えることにより,特定の栄養素,たとえばビタミンAをたくさんふくんだ野菜をつくるといったこともできるようになっています。

 また,農場で育てられる野菜は自然環境の変化により生育に大きな差が出ます。一方,植物工場では,当てる光だけでなく,工場内の温度,湿度(しつど),二酸化炭素濃度(のうど)などもコントロールすることにより,1年を通して同じ品質の野菜を出荷(しゅっか)できます。

 それらの変化により,植物工場は企業にとっても利益をもたらす存在になりつつあります。消費者にとっても,安全安心な野菜をいつも同じ値段で買うことができるという魅力(みりょく)は大きいですね。


掲載日:2019年6月10日
次回の掲載は,2019年7月8日の予定です。