公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

カッシー先生

PROFILEカッシー先生プロフィール

カッシー先生

中学受験37年のキャリアがお届けするとっておきの秘策。特に公立中高一貫校の適性検査では,社会科的な知識だけでなく,算数で学習する割合なども同時に求められます。社会と数的処理をじっくり解説していきますよ。
高桐アカデミー塾長 カッシー先生
ホームページ http://www.kotoac.com

[2019/07/08] IoTは私たちの大きく社会を変える?!


 IoT(アイオーティー)という言葉を聞いたことはありますか。あらゆるモノがインターネットにつながることで,それぞれのモノから個別の情報を取得し,その情報をもとにして最適な方法でそのモノを制御(せいぎょ)するしくみのことです。

 このIoTを組みこんだ家電を「スマート家電」と呼んでいます。

 スーパーマーケットなどでの買い物中に,「あれ? そういえばこの野菜,まだ冷蔵庫に残っていたっけ?」という経験をしたお母さんも多いと思います。しかし,スマート家電の冷蔵庫なら,外出先から庫内に取りつけてあるカメラを使ってスマートフォン経由で食材をチェックできるので,買い忘れや重複買いを防止できます。それだけでなく,冷蔵庫の食材から,おすすめのレシピも調べられるので,料理するときに,献立(こんだて)になやむことも少なくなります。

 帰宅する前に「部屋をすずしくしておきたい,またはあたたかくしておきたい」と思ったとき,スマート家電のエアコンなら,外出先からスマートフォンでエアコンの操作(そうさ)ができるので,帰宅時に部屋が快適な温度にすることができます。スマートフォンで温度を設定できるだけではなく,エアコンの電源を切り忘れたかな,と思ったときにでも自宅にもどらずにスマートフォンで電源を切ることもできます。

 IoTを取り入れることで,第一次産業も大きく様変わりします。たとえば,稲作農家にとって水田管理はとても大切です。特に水位を適切に管理することで,気温の変化に左右されない一定の水温を保つことができます。しかし,広い水田の水温管理を人力でおこなうには手間と時間がかかります。

 そこで活やくしているのが水田センサーです。このセンサーには通信機能がついていて,10分おきに水温と水位のデータを送ってくれます。このデータをスマートフォンでチェックすることで,必要に応じて水位の調節ができるようになります。いちいち水田に行く手間がはぶけることで,時間に余裕ができます。

 IoTによってあらゆるモノから個別の情報を取得できるため,クラウド(コンピューターサーバー)上にはぼう大なデータが集まってきます。このぼう大なデータのことをビッグデータと呼びます。このビッグデータをAI(人工知能)が学習し分析(ぶんせき)することで,これまで以上に必要とされている製品やサービスの開発に利用され,社会も変化していくことになります。

 しかし,社会がよくなるように変化していけばよいのですか,個人情報の保護や,ビッグデータの活用の仕方など,これからの社会に必要な新しいルールをどうするのかといった点では課題が残っていると思います。


掲載日:2019年7月8日
次回の掲載は,2019年8月12日の予定です。