公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

カッシー先生

PROFILEカッシー先生プロフィール

カッシー先生

中学受験40年のキャリアがお届けするとっておきの秘策。特に公立中高一貫校の適性検査では,社会科的な知識だけでなく,算数で学習する割合なども同時に求められます。社会と数的処理をじっくり解説していきますよ。
高桐アカデミー塾長 カッシー先生
ホームページ http://www.kotoac.com

[2020/03/09] いまだからこそ、伝染病の歴史をふり返る


 新型コロナウイルスが世界中で流行しています。これは伝染病(でんせんびょう)の一種で、ときに、人類の歴史を変えるほどの力を持っています。

 小学校の教科書には、聖武天皇の時代(奈良時代)、伝染病の流行で多くの人がなくなり、世の中が混乱したという記述があります。『自由自在 高学年 社会』をお持ちの方は、353ページをご覧ください。聖武天皇が国分寺や東大寺の大仏をつくるように命じたのは、仏(ほとけ)の力で伝染病の流行をおさえ、国を治めようとしたからです。この時代の伝染病は「天然痘(てんねんとう)」だったと考えられています。

 あまり知られていませんが、平安時代にも伝染病が流行しました。藤原道長が実権をにぎった995年に、京都で「はしか(ましん)」が大流行しています。この感染力はきわめて強く、同じ空間に感染者といるだけで感染してしまい、マスクや手洗いでもウイルス侵入は防げないというのは周知の通りです。

 小学校の一部の教科書には、コレラに関する記述もあります。明治維新(1868年)直前の1858年~1860年に江戸を中心にコレラが大流行し、江戸では人口の2割以上が亡くなったという記録があります。1858年といえば、日米修好通商条約が結ばれた年です。

 第一次世界大戦中には「スペインかぜ」(インフルエンザの一種)が大流行しました。感染者は6億人以上、死者は4000~5000万人におよび、この大流行が第一次世界大戦の終結を早めたとも考えられています。

 太平洋戦争後、朝鮮半島や満州からの多数の引きあげ船で大流行したのは、やはりコレラでした。先日、近所のおじいさんが、「伝染病が流行しているときに船に乗ってはいかん。コレラ船を思い出してほしかったなぁ。」と言っていましたが、その通りです。コレラ船は沖合に40日間とどまり、入港できませんした。伝染病が流行したときの対応は、コレラ船もクルーズ船も変わりません。これ以外にやりようがないわけです。

 このようにふり返ってみると、伝染病とは古くも新しく、ワクチンの開発と新型ウイルスの登場がくり返されているといえます。新型コロナウイルスのワクチンが一刻も早くできるのをいのりたいと思います。


掲載日:2020年3月9日
次回の掲載は、2020年4月13日の予定です。