公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

カッシー先生

PROFILEカッシー先生プロフィール

カッシー先生

中学受験40年のキャリアがお届けするとっておきの秘策。特に公立中高一貫校の適性検査では,社会科的な知識だけでなく,算数で学習する割合なども同時に求められます。社会と数的処理をじっくり解説していきますよ。
高桐アカデミー塾長 カッシー先生
ホームページ http://www.kotoac.com

[2020/05/11] 新型コロナウイルスから身を守る方法


 前回は、新型コロナウイルスとマスクの関係を取り上げました。今回は、新型コロナウイルスから身を守る方法を考えます。

 新型コロナウイルスの感染(かんせん)経路は、現時点では、飛沫(ひまつ)感染と接触(せっしょく)感染の2つが考えられています。

■飛沫感染
 感染者のくしゃみやせき、つばなどの飛沫といっしょにウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸いこみ感染する。
※主な感染場所:ライブハウスや劇場、満員電車などの人が多く集まる場所

■接触感染
 感染者がくしゃみやせきを手でおさえたあと、その手で周りの物にふれてそこにウイルスがつき、別の人がそこにふれてウイルスが手につき、その手で口や鼻をさわって粘膜(ねんまく)から感染する。
※主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

 飛沫感染は、前回取り上げたようにマスクをつけ、三密をさけることで防止できるようです。

 やっかいなのは接触感染です。接触感染を防ぐには、感染者がさわった場所を特定してウイルスを取りのぞくという方法が考えられますが、エレベーターのボタンやエスカレーターの手すりなど、人はいろいろな場所をさわるため、感染者がさわった場所をすべて特定して対策を取るのは現実的には不可能です。

 ですから、接触感染を予防するために一番有効なのは、石けんによる手洗いやアルコール消毒ということになります。ウイルスがどこにいるかわからないのなら、どこにウイルスがいてもよい前提で考えればよいのです。

 では、ここで少し専門的な話をしましょう。
 前回、新型コロナウイルスは、大きさが1mmの1万分の1くらいの大きさだという話をしましたね。このウイルスにはタンパク質の突起(とっき)があり、これで感染できる細胞(さいぼう)を識別しています。このタンパク質の突起が日食の太陽のコロナのように見えるので、「コロナウイルス」とよばれています。

 70%のエチルアルコール(エタノール)は、このタンパク質の突起を変形させ、他の細胞に感染できなくする力を持っています。ただし、この時点では、ウイルスは死にません。

 一方、石けんはウイルス本体をおおっている膜(まく)をこわす力を持っています。膜は油の成分を中心にできているため、石けんで分解されて、こわれてぐちゃぐちゃになり、復活できなくなるのです。つまり、石けんを使えば、ウイルスはその時点ですぐに死にます。

 このように、もし外出中にウイルスにふれても、自分の手についているウイルスさえ死んでしまえば、目をこすったり、鼻をさわったり、ものを食べたりしても体内にウイルスが入ることはありません。そうすれば、どこにウイルスがいても感染することはありません。

 結局、新型コロナウイルスから身を守る方法は、マスクの着用と石けんによる手洗い(またはアルコール消毒)ということになります。

 他国からは、「日本は大した対策を取っていないのに、新型コロナウイルスの感染が広がっていないのはなぜだ」と、不思議がられています。しかし、日本人は日ごろマスクをしている人が多いですし、子どものころから「手洗い・うがい」の習慣が身についています。そう考えると、他国のような感染爆発が起こっていないことも納得できるのかもしれませんね。


掲載日:2020年5月11日
次回の掲載は、2020年6月8日の予定です。