公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

カッシー先生

PROFILEカッシー先生プロフィール

カッシー先生

中学受験40年のキャリアがお届けするとっておきの秘策。特に公立中高一貫校の適性検査では,社会科的な知識だけでなく,算数で学習する割合なども同時に求められます。社会と数的処理をじっくり解説していきますよ。
高桐アカデミー塾長 カッシー先生
ホームページ http://www.kotoac.com

[2021/07/12] 魚の「とりすぎ」が大きな問題となっている


 日本人が魚を食べる量が少しずつ減っています。以前は肉より魚が多く食べられていましたが、十数年前に逆転しました。それでも魚介類の1人あたりの年間消費量は世界第6位で、世界の中では「魚をよく食べる国」といってよいでしょう。

 魚介類の消費量ベスト5は、1位がサケ、2位がマグロ、3位がイカ、4位がブリ、5位がサンマです。1位のサケは、チリやノルウェーから輸入されたサーモンのさしみが人気を押し上げているようです。

 一方、世界に目を向けると、世界全体の魚介類の消費量は、ここ50年で約5倍に増えました。特に中国は10倍以上に増えていて、世界全体の約3分の1をしめています。

 そのため、いま魚の「とりすぎ」が大きな問題となっています。
 国連食糧農業機関(FAO)のまとめによると、世界ではとりすぎや枯渇(こかつ)が心配される水産資源の割合が増えています。とる量をこれ以上増やさないほうがよい資源は全体の6割におよび、とる量を増やしても心配ない資源は1割にすぎません。

 特に「本マグロ」とよばれ、最高級のすしネタやさしみとして人気の高い北太平洋海域のクロマグロは、資源量の減少が大変深刻です。1960年には太平洋クロマグロの親魚の資源量は16万トンをこえていましたが、いまは1万トンにすぎません。そこで、2015年から重さ30キロ未満の小型魚の漁獲量を大幅に減らす規制を始めました。ところが、当然ながらうまくいっていません。

 というのも、小学5年の社会科で学習したように、マグロは主に、はえなわ漁法とまきあみ漁法でとられるため、幼魚もあみにかかってしまうからです。幼魚のとりすぎは親魚になる量が減ることにつながるため、さらなる規制が必要だと考えられています。

 そこで注目されるのが、魚を育てる養殖業です。いま、世界の「とる漁業」と「育てる漁業」の生産量はほぼ半々で急速な広がりを見せています。近畿大学が、世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功したときは大きな話題になりましたが、成魚までに死ぬ割合がまだ高いという課題が残っているようです。

 水産資源を守るために、私たちは何ができるのでしょうか。回転寿司で回るお寿司を見ながら、考えてみてください。


掲載日:2021年7月12日
次回の掲載は、2021年8月9日の予定です。