公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

めがね先生

PROFILEめがね先生プロフィール

めがね先生

「国語は読むことだけでなく,書くことも同時に大切!」という考えから,国語の勉強でちょっと行きづまったら作文を書くことをすすめています。自分が伝えたいことを正確に伝られるようになると,国語の力はもっと成長します。いっしょにがんばりましょう。
小春学院塾長 めがね先生
ホームページ http://www.koharugakuin.info

[2020/07/20] 素早く作文を書き終えたいときは・・・・・・


 むぎっ子作文添削のメッセージらんには、多くの受講者が「書き終えるのにかなりの時間がかかりました。」というコメントを寄せてくれます。「早く書き終えるにはどうすればよいでしょうか。」という質問も同じくらいの割合で目にします。

 今回は、課題作文の取り組み方を考えていきましょう。

■何事も準備が大切

 わたしが学生だったころ、先生のコメントが必要な書類があり、4~5行程度の文を書いてもらうようにお願いしたことがあります。すると、その場で先生はすらすらと行数ぴったりに書き終えてしまいました。目の前でそのようすを見ていた私は、とても感動したわけですが、あとから聞いた話では、毎年のように同様のコメントを複数の学生からお願いされるので、行数ぴったりに書けるのはあたりまえとのことでした。

 文字数が指定された課題作文において、同じような内容の文章でない限り、指定された文字数で文章を書き終えることは大変難しいものです。文字数の不足あるいは超過は入試本番では許されませんが、だからといって、下書きをしている時間的余裕もありません。

 ということは、書き始める前にしっかりとした準備が必要になるのです。この準備がなく、いきなり書き始めれば、かえって「書き終えるのにかなりの時間がかかりました。」という結果になりかねません。

■何を準備する?

 まずはじめに、問題文を読み、内容、条件、指示を整理します。それをふまえたうえで、次のような内容をメモにまとめましょう。

1 段落数を決める。指定があればそれにしたがう。
2 段落ごとに何を書くかを決める。指定があればそれにしたがう。
3 段落ごとの分量を決める。それぞれの段落で分量がおよそ同じになるようにする。
4 解答用紙のます目に、段落ごとの目印をつけておく。書き終えたあとは消す。

 1~4は、いずれもささいな作業なので、4~5分もあればできます。
 メモ書きは次のようなもので十分です。

■メモの例

1段落目 自分の考えと理由(4~5行)
・・・朝そうじをするほうがよい。きれいな教室で勉強して、一日を気持ちよく過ごしたい。
2段落目 具体例(6~7行)
・・・朝そうじをおこなうことの利点。現在の朝の教室のようす。
3段落目 具体例のまとめ(4~5行)
・・・一日のはじまりをどれだけ大事にするか。現在の朝の教室がそれを許しているか。
4段落目 まとめ(2~3行)
・・・朝教室をそうじすることは、クラスみんなにとっても有益である。

 ここでは、みなさんに伝わるようにメモといいながら、かなりくわしく書きましたが、みなさんは「1、考え・理由、4~5行、朝そうじはよい、きれいな教室、気持ちよく過ごす」といった単語を並べるだけで十分です。

 ざっくりとした内容で構わないので、あらかじめこういったメモを書いておけば、実際に書き始めてから書き終わるまでが省力化できます。そもそも、書き終えるのに時間がかかる原因は、書きながら内容や段落を考えることにあるわけですから、メモを書き残すことで、「考えながら書く作業」から「書き上げる作業」だけに集中できるようになります。

 メモ書きに4~5分かかったとしても、十分にもとが取れるはずです。みなさんの貴重な試験時間を有効に使うために、ぜひメモ書きの習慣をつけましょう。


掲載日:2020年7月20日
次回の掲載は、2020年8月17日の予定です。

[2020/06/15] 筋道を立てるとはなんぞや??-その2-


 前回に続きです。

 公立中高一貫校に合格する児童は、次のように書くでしょう。

 わたしは、教室そうじは登校後すぐすることに賛成です。教室は、わたしたちが集中して勉強する場所です。授業前に教室が乱れていると、勉強に集中できません。実際、わたしたちの教室は、前日からのごみが朝になってもそのまま落ちていて、机の列も乱れています。このまま授業が始まってもよい学びにはつながりません。だから、わたしは教室そうじは登校後すぐするのがよいと思います。

 前回の文とは印象がだいぶちがいますね。上記のような文章では、「Aなので、Bで、そしてCになり、・・・・・・」という形式になっています。これは、単なる物事の順序を提示しているのではなく、理由あるいは根拠を提示しながら自分の考えを支えているのです。これが、公立中高一貫校入試で求められる「筋道の提示」になるのです。

 むぎっ子作文添削受講者のコメントを読んでいると、「今回は書くことがあまり見つからず、難しかった」という感想に出会うことがあります。いつもそういった感想に出会うたびに、「書くことは1つでよいのに・・・・・・」と思ってしまいます。

 確かに、前回の例文のような文章を書こうとすると、たくさんの内容を考え出さねばなりません。広い花だんにいろいろな花を植えようとするのと同じです。原稿用紙という花だんにいろいろな内容を植えて、見栄えよくしようということでしょう。ていねいな字で書かれた文章という意味での見栄えは大切ですが、内容をいくつも並べるという見栄えは公立中高一貫校入試では求められていません。

 それよりも、1本の大樹が地中深くにしっかり根をはるような作文が必要です。1つの内容を「どうして」「なぜ」とどこまでも追い求める熟考された深みのある作文です。「あたえられた問題に対して筋道を立てて組み立てられた解答」とは、そのような文章を指しているのです。

 つまり、いくらでも情報を入手できる今日、情報量にふりまわされず、1つの情報をていねいにほり下げ、検証しながら自分の考えをまとめていく力が求められています。


掲載日:2020年6月15日
次回の掲載は、2020年7月20日の予定です。

[2020/05/18] 筋道を立てるとはなんぞや??-その1-


 前回のコラムで、公立中高一貫校入試で問われているのは、「あたえられた問題に対して筋道を立てて組み立てられた解答」だと述べましたが、ここで説明が必要になるのは「筋道」という言葉についてでしょう。

 そこで2回にわたって、公立中高一貫校入試で問われている筋道とは、単なる物事の順序ではないということを確認しましょう。

 むぎっ子作文添削に関わっていると、ことの経緯を細かく説明する作文に出会います。いわゆる、「ああして、こうして、そうして、・・・・・・」というたぐいの作文です。次の文を読んでみましょう。

 わたしは、教室そうじは登校後すぐすることに賛成です。朝、わたしが教室に入り、ゆかを見ると、前日の放課後に出たごみが落ちています。机も整とんされていません。一日の授業の前にすでに教室が乱れています。だから、わたしは教室そうじは登校後すぐするのがよいと思います。

 授業前に教室そうじをすることを提案する作文です。自分の考えとそれにともなう内容がまとめられています。ただし、「朝、わたしが教室に入り ・・・・・・ 乱れています。」という部分は、細かく説明されていますが、これは教室の様子を書いているにすぎません。この説明をもって、「だから」とつないでしまうと、その理由は自分自身(読み手)で想像してくださいとお願いするようなものです。

 同等な内容を書き並べるというのは、単にその順序を書いているにすぎません。そういった内容をいくつ並べても、説明が細かくなるだけで、理由を説明したことにはなりません。

 では、どのように書けばよいのでしょうか。実際に書いてみましょう。


掲載日:2020年5月18日
次回の掲載は、2020年6月15日の予定です。

[2020/04/13] だれが文学作品を書けと言ったんだ!!


 公立中高一貫校入試の作文では、表現力が求められている。確かにそれは事実です。しかし、この表現力という言葉を誤解している人が多いようです。

■「すごい」とは何なの??

「私の友だちの一人はけん玉で全国大会に出場し、準優勝しました。かれはすごいなあと思いました。」
 なるほど。けん玉で全国第二位になったのだから、すごいですね。しかし、ここで疑問が生じます。「すごい」とは何ですか??
 たとえば、「けん玉がとても上手だ」「たくさん努力した」「とてもえらい」「とてもかっこいい」などなど。いろいろな意味が考えられます。

 日本語には、とても便利な言葉があります。「すごい」「する・やる」「たいへん」などは、それぞれの場面で聞き手や読み手が文脈に合わせて意味をあたえてくれる言葉です。そのため、話し手や書き手は、聞き手や読み手の理解にたより、明確な意味を持たない言葉をなんとなく使ってしまいがちです。

 日常の会話であれば何ら問題ありませんが、公立中高一貫校入試は日常ではありません。書き手である受検生(受験生)と、読み手である採点者(公立中高一貫校の先生)には、評価される側と評価する側という関係しかありませんから、採点者は不明確な意味の言葉に対しては、「何?」と疑問を持ってしまいます。つまり、伝えたいことが採点者にとどかない「だめな文」という評価が下ります。

■文学作品は評価されない

 まずは、次の例文を読んでみましょう。

 暗やみを追いはらうように、太陽が東の空から姿を現した。窓ぎわのベッドで横たわるわたしの身体に向けて、カーテンのすき間から太陽の光がさしてくる。まぶたのすきまに光がさしかかり、わたしの目のおくをじわじわとしげきする。そのしげきがわたしの脳までとどくと、わたしはまどろみながら、目を開け、体を起こした。

 はっきりいいます。入試本番でこういった文章を書くと、ほぼ確実に0点になるでしょう。確かに、この文には周囲や自分の様子が細かに、そして、修飾語やたとえを使いながら示されていますが、一言でまとめれば「朝になったので、わたしは起きました。」ですむ内容です。

 公立中高一貫校入試で問われているのは、「表現豊か」な文学作品ではありません。むしろ、あたえられた問題に対して筋道を立てて組み立てられた解答に近いものです。「どのように書くか」を考えるというのは、「どのように飾り立てて書くか」を考えることではなく、「どのように組み立てて書くか」「どの言葉を選んで書き表すか」を考えるということです。

■公立中高一貫校入試で求められる「表現力」とは

 作文というと、先に書いたような例文が好まれると思っていませんか。いやいや、まったくちがいますよ。公立中高一貫校入試は作文コンクールではありません。確かに、コンクールに選ばれる作品は言葉をうまく使って、いわゆる「表現豊か」に仕上げられています。しかし、みなさんに求められているのは、修飾語やたとえを多用する力ではなく、的確な言葉で書き表す力で、これを「表現力」とよんでいるにすぎません。

 「朝が来た」であれば、そう書けばよいのです。「わたしはうれしくなった。」であれば、「胸がはずみ、わたしの気持ちが晴れやかになった。」などと書かなくてもよいのです。内容がまっすぐ読み手(採点者)にとどき、理解してもらうことが大切です。

 結局、このコラムで再三述べてきたこととつながっていきますね。みなさんが手にしなければならない武器は言葉です。言葉を適切に選んで伝えたいことを書き表すことができる力を「表現力」と言っているにすぎないのです。


掲載日:2020年4月13日
次回の掲載は、2020年5月18日の予定です。

[2020/03/16] 課題作文に取り組むときの手順


■まずはじめにすべきこと

 算数の問題でも国語の問題でも、まずはじめに何をしますか。当然、問題文を読むでしょう。

 では、問題文の何を読み取りますか。どの問題を解くにしても、問題文の指示を読み取らなければいけませんからね。「・・・・・・はいくつですか。その数を答えなさい。」「・・・・・・の理由を書きなさい。」というように、問題文は問題を出しつつも、何を答えてもらいたいのかも指示しています。この指示にしたがって、数を答えたり理由を書いたりして解答を完成させていきます。

 課題作文も同じです。課題作文は、問題文があたえられて指示されています。何を書かなければいけないのかを理解することが、文章を書く第一歩になるのです。

■問題文を整理しよう

 たとえば、「中学校に進学して部活動や学習活動に取り組むとき、あなたが大切にしたいことわざを一つ取り上げ、あなたの考えを四百字程度で書きなさい。」という問題があるとします。「ことわざ」という言葉に目が行きがちですが、ここで注意しなければならないのは、問題の始めの部分です。「中学校に進学して部活動や学習活動に取り組むとき」です。

 これは課題作文を書くに当たっての条件にあたる部分です。つまり、この問題は、あらゆる場面で大切にしたいことわざを取り上げるわけでも、あなたの人生にとって大切にしたいことわざを取り上げるわけでもなく、「中学校」の「部活動や学習活動」という場面に限定して、大切にしたいことわざを取り上げなさいというのが、問題文の指示です。

 よって、「中学校」の「部活動や学習活動」という場面がどのようなものであるかを前提としてまとめていかなければいけません。自分が志望する公立中高一貫校がどのような学校なのかをしっかり知っているかが問われているともいえるのです。

 このように、問題文を読むことで、「何を書けばよいかがわからない」という不安が解消されます。

■指示に従わないとどうなるか
 では、問題の指示をよく確認せずに、取り上げたことわざの意味の説明に終始したり、中学校生活からかけはなれた場面の内容を書くとどうなるでしょう。当然、大幅な減点、あるいは採点できないという評価(つまり0点)になってしまいます。

 ですから、問題をしっかり読み、何について、何を書かなければならないのか、どのような手順で書かなければならないのかをしっかり整理して課題作文に取り組むことが大切というわけです。


掲載日:2020年3月16日
次回の掲載は、2020年4月13日の予定です。

[2020/02/17] 気持ちを表す言葉を使い分けよう<6>


 今回取り上げる言葉は「がんばる」です。「あることをなしとげようと、困難にたえて努力する」「がまんしてやりぬく」という意味です。小学低学年の作文には、とかく「○○をがんばりました」といった表現が並びますが、公立中高一貫校を目指すみなさんが、同レベルであってはいけません。

■「がんばる」シリーズ

・はげむ、いそしむ、精を出す
意味:熱心に物事に取り組む。努める。
例文:学業にはげむ。勉学にいそしむ。アルバイトに精を出す。

・努める
意味:力をつくしてあることをする。努力する。
例文:問題の解決に努める。

・打ちこむ
意味:熱中する。集中して取り組む。
例文:サッカーに打ちこむ。

・最善(さいぜん)をつくす
意味:できる限りのことをする。
例文:最善をつくして治療(ちりょう)する。

・一生けん命
意味:命がけで物事に当たること。また、そのさま。
例文:一生けん命に働く。

・力の限り
意味:能力や体力などをすべて出しつくして。
例文:力の限り戦う。


掲載日:2020年2月17日
次回の掲載は、2020年3月16日の予定です。

[2020/01/20] 気持ちを表す言葉を使い分けよう<5>


 今回取り上げる言葉は「感動する」です。美しいものやすばらしいことに接して強い印象を受け、心を動かされるときに使う言葉ですが、いつもいつも「感動した」では興ざめです。ぜひさまざまな言葉を使い分けましょう。

■「感動する」シリーズ

・感銘(かんめい)を受ける
意味:心に刻みつけて忘れないこと。また、忘れられないほど深く感動すること。
例文:深く感銘を受ける。

・感激する
意味:強く心に感じて、気持ちがたかぶること。
例文:優勝の感激にひたる。

・感極まる
意味:非常に感動する。
例文:感極まって、涙を流す。

・胸を打つ
意味:強く感動する・感動させる。
例文:かれの勇気がある行動が、人々の胸を打った。

・胸に応(こた)える
意味:ありがたみや苦しみを強く心に感じる。痛切(つうせつ)に感じる。胸にひびく。
例文:何気ない一言が胸に応えた。

・心をゆさぶられる
意味:強く感動する。
例文:すばらしい映画に心をゆさぶられた。

・心をつかむ
意味:人の気持ちを引きつける。
例文:かれは人の心をつかむのが上手だ。


掲載日:2020年1月20日
次回の掲載は、2020年2月17日の予定です。

[2019/12/16] 気持ちを表す言葉を使い分けよう<4>


 今回取り上げる言葉は「好き」です。「好きこそ物の上手なれ(好きなことにはおのずと熱中できるから、上達が早いものだ。という意味)」「下手の横好き(下手なのに、それが好きで熱心すること。という意味)」など、さまざまな言葉にも使われています。

■「好き」シリーズ

・好む(このむ)
意味:多くのものの中から特にそれを好きだと感じる。気に入って味わい楽しむ。
例文:子どもはとかくあまいおかしを好む。
※「好むと好まざるとにかかわらず(本人の意志に関係なく。という意味)」という言葉にも使われます。

・したう
意味:(目上の人の)そばやその場所にいたい(行きたい)と思う。
例文:あの人を父のようにしたう。

・気に入る
意味:自分の好みや望みに合う。満足する。
例文:品質はよいが、このデザインが気に入らない。

・気がある
意味:意志や意欲がある。興味や関心がある。
例文:本当に勉強する気があるのか。

・心を寄せる
意味:好きだと思う。強い関心を持つ。
例文:クラスメイトの一人にひそかに心を寄せる。

・目がない
意味:夢中(むちゅう)になるほど好きである。
例文:あまいものには目がない。

・熱を上げる
意味:夢中になる。熱中する。
例文:アイドル歌手に熱を上げる。


掲載日:2019年12月16日
次回の掲載は、2020年1月20日の予定です。

[2019/11/18] 気持ちを表す言葉を使い分けよう<3>


 今回取り上げる言葉は「うれしい」です。(思い通りになって)晴れ晴れとした、またははずむような、よい気持ちのときに使います。志望校に合格してうれしい・・・などですね。

■「うれしい」シリーズ

・うかれる
意味:心がうきうきして、じっとこしを落ちつけていることができなくなり、何かひとさわぎしてみたいという気持ちになる。
例文:志望校に合格できて、ついうかれてしまった。

・喜ばしい(よろこばしい)
意味:喜ぶべき状態にある。うれしい。
例文:志望校に合格できて、こんな喜ばしいことはない。

・胸をはずませる(むねをはずませる)
意味:期待や喜びで心がうきうきする。
例文:期待に胸をはずませて、入学式に参列する。

・心がおどる
意味:楽しい期待や喜びで心がわくわくする。
例文:心をおどらせてステージに上がる。

・胸がふくらむ
意味:期待や喜びで心がいっぱいになる。
例文:初めての試合に胸がふくらむ。

・目をかがやかす
意味:目をきらきらさせる。喜びや期待などで興奮しているさまをいう。
例文:目をかがやかせて話に聞き入る。

・声がはずむ
意味:うれしくて、声が生き生きしてくる。
例文:旅行に行くことになり、思わず声がはずんだ。

・ぬか喜び
意味:あてがはずれて、あとでがっくりするような一時的な喜び。
例文:早合点でぬか喜びする


掲載日:2019年11月18日
次回の掲載は、2019年12月16日の予定です。

[2019/10/21] 気持ちを表す言葉を使い分けよう<2>


 今回取り上げる言葉は「おもしろい」です。上手に使い分けることで、作文の質がアップします。

■「おもしろい」シリーズ

・おかしい
意味:ふつうと変わっていて、笑いたくなる気持ち(にさせるようす)だ。
例文:おかしいことを言って笑わせる。

・楽しい
意味:明るく、はずむような気持ち(にさせるようす)だ。
例文:旅行は楽しかった。

・こっけい
意味:おかしかったりばかばかしかったりして、笑いの対象になること。
例文:かれがこっけいなしぐさをした。

・ゆかい
意味:楽しくて心地よいこと。
例文:ゆかいな曲を歌う。

・ユーモア
意味:人の心を和(なご)ませるようなおかしみ。上品で、笑いをさそうしゃれ。
例文:最近、ユーモアの通じない人が増えた。

・興味深い(きょうみぶかい)
意味:心がとても引きつけられる感じだ。強い関心が起こる感じだ。
例文:興味深い記事を読む。

・興味津々(きょうみしんしん)
意味:次から次へと興味がわく(こと/ようす)。興味がつきない。
例文:結果がどうなるか興味津々だ。

・抱腹絶倒(ほうふくぜっとう)
意味:腹(はら)をかかえてたおれそうになるほど笑うこと。
例文:彼のばか話に抱腹絶倒する。


掲載日:2019年10月21日
次回の掲載は、2019年11月18日の予定です。