公立中高一貫校をめざす方へのお役立ちサイトです。
ぜひご活用ください!

ライズの合格る答案

PROFILEライズプロフィール

R志学会ライズ

私たちライズは,10年以上前から総力を挙げて公立中高一貫校対策に取り組み,独自の公開模試も運営してきました。その模試の採点時に感じた,「こんなミスがもったいない」「この書き方だと減点になる」といった気づきを,このコラムでは具体例を出しながら紹介し,さらに対処法も伝授していきます。また,公立中高一貫校に在籍する中学・高校生の生の声なども先輩情報として随時紹介していきます。
ホームページ https://www.shigakukairise.jp

[2020/05/25] 算数の基礎知識・計算をしっかり身につけよう


 今回は、題材は社会ですが、算数のお話です。
 公立中高一貫校入試では、社会を題材にしつつも、数値計算を求める出題があとを絶ちません。小学校の学習に欠かせない、がい数、割合などは、算数系の問題でなくても聞かれる重要な単元です。

■問題例
 次の文は、佐賀県と宮崎県の棄権(きけん)者数について説明した文です。次の資料を参考にして、( A )~( C )に算用数字を入れて文を完成させなさい。なお、棄権者とは「有権者で投票しなかった人」のことです。

「佐賀県は棄権者数が約( A )万人と、宮崎県よりも約( B )万人少なく、棄権者率も約( C )%低い。

資料 平成24年衆議院議員選挙(小選挙区)における佐賀県と宮崎県の数値
・佐賀県 有権者数 684640人
     投票者数 423545人
     投票率  61.86%
・宮崎県 有権者数 927973人
     投票者数 516815人
     投票率  55.69%

■解答
( A ) 26
( B ) 15
( C ) 6

■解説
 問題文中にある通り、棄権者は有権者で投票しなかった人のことなので、「棄権者=有権者-投票者」で求められます。よって、佐賀県の棄権者数は、68万人-42万人=26万人だとわかります。
 一方、宮崎県は、93万人-52万人=41万人なので、佐賀県は宮﨑県より、41万人-26万人=15万人少ないことがわかります。さらに棄権者率を見ると、佐賀県が約62%、宮崎県が約56%なので、62%-56%=6%低くなっています。

 次に、気をつけるべき点を見ていきます。
 まず、( A )の解答の形式を見ると、(  )万人となっているので、数値は千の位で四捨五入し、万の位までのがい数にします。このとき、端数(はすう)を切ってしまうと計算が合わなくなります。社会の問題ですが、算数の基礎知識を必要とする問題です。
 また、( B )では、「宮崎よりも」という言葉から、差を求めなければいけないことがわかります。さらに( C )では、「棄権者率も」という説明より、引き続き、佐賀県と宮崎県を比べていることがわかるので、こちらも棄権者率を十分の一の位で四捨五入し、一の位までのがい数にして差を求めます。

 以上の点に気をつけながら、3名の児童が書いた解答を見ていきましょう。

■誤答例1
佐賀県は棄権者数が約( 3 )万人
 これはけた数をまちがえているのでしょう。十万の位までのがい数にしています。

■誤答例2
宮﨑県よりも約( 62 )万人少なく
 これは、佐賀県の投票率の61.86%を四捨五入して62という数字を出したようですね。そもそも棄権者数でないうえに宮崎県と比べておらず、問われていることが正しく理解できていません。

■誤答例3
棄権者率も約( 5 )%低い
 これは、佐賀県の61.86%を61%、宮崎県の55.69%を56%として61%-56%=5%としたのでしょう。四捨五入のはずが、片方は切り捨てていますので、統一性のない計算になっています。


 このように、社会の問題であっても算数の基礎知識・計算が聞かれることがあります。今回は投票率は計算しませんでしたが、割合も重要単元ですので、必ず求められるようにしておきましょう。苦手な人はいまがチャンスですよ。

 また、計算の前段階である、「この問題では何が問われているのか」も大切にしましょう。志望校合格のためには、まず、問題文を正しく読み取り、正しい知識・計算で答えられるようになりましょう。それが志望校の合格には欠かせません。


掲載日:2020年5月25日
次回の掲載は、2020年6月22日の予定です。

[2020/04/27] 1学期は正確な基礎知識の習得を目指そう


 新型コロナウイルスがどうとか、小学校がお休みになったとか、世の中が目まぐるしく変わっていますが、いつの時代も、みなさんに求められているのは「ひたむきに勉強に取り組む姿勢」です。こんなときだからこそ、勉強した人としなかった人の差が来春の結果に直結します。

 いま、まさにいまのこの時期の時間の使い方が大切です。

 では、家庭で何を勉強すればよいのでしょうか。結論は出ています。基礎知識を徹底的に頭に入れることです。公立中高一貫校入試であっても「知識で解ける問題」はみなさんが思っているよりも多く、さらにいえば、基礎知識がなければ解けない問題がほとんどです。それらを確実に理解し、暗記しておくこと。そして、適性検査問題が解ける足がかりとしての知識を持っておくことが非常に重要です。

 たとえば「方角」。16方位をすべて正しくいえますか。
 先日、あるテストで、方角を問う問題を出題しました。一人の児童の解答は「東南」でした。正しくは『南東』ですね。「東南アジア」や「東北地方」といった言葉があるので、まちがえやすいのだと思いますが、正確な知識があれば迷わず正解できます。もちろん「地図記号」などの周辺の知識も復習をお願いします。

 また、電磁石の磁力を強くする方法を問う問題も出題しました。みなさんはすぐに、「コイルに鉄芯を入れる。」「流れる電流を強くする。」「コイルの巻き数を増やす。」という3つが頭にうかびますか。

 こういった基礎知識は、理科と社会に多くあるように思われますが、算数でもあります。多くのみなさんが苦手としているのは、単位量あたりの問題、割合、速さです。公式の丸暗記法を考える前に、なぜそのような公式になるのかを考えましょう。

 こういった「基礎で落とさない」「足元を固める」学習は、時間のあるいまだからこそできる。いや、いましかできないことです。たっぷり時間をかけて、今後の学習の土台を築いていってください。


掲載日:2020年4月27日
次回の掲載は、2020年5月25日の予定です。

[2020/03/23] 小学6年生はいますぐに受検生になろう


 新型コロナウイルスによる休校のえいきょうで、私たちはみなさんの生活リズムがくずれてしまったのではないかと心配しています。本来、小学校で勉強している時間にだらだらと過ごし、夕方から夜にかけて、家庭学習の時間になっても、そのスタイルからぬけ出せない人がいるかもしれません。

 もし、そうであるならば、一刻も早く勉強習慣を取りもどしましょう。一日中勉強しろとは言いません。一日のうちで、勉強する時間をしっかり決め、それを守りましょう。それだけで十分です。大切なことは、いつも同じ時間に決まったことをする「習慣」を意識して実行することです。

 それができたら、次に、できるだけ早い段階で、志望校の過去問(かこもん)を解いてみましょう。それが、受検生になる第一歩です。実際に問題を解いて答え合わせをし、配点がわかっているなら、だいたいでよいので点数も出してみましょう。

 そうすることで、現在の自分にとって歯が立たない問題なのか、または、ある程度解けそうなのかなどのイメージがつかめます。通塾している人は塾の先生に、むぎっ子広場を利用している人は担任の先生に聞いて、どの程度の得点率があれば自分の志望校に合格できるのかを教えてもらい、現在の自分の学力と合格に必要な学力の「差」を確認しましょう。

 それがわかってはじめて、その「差」をうめていく勉強のスタートです。現在の自分の位置の確認をしないまま、公立中高一貫校対策の問題集を買ってきて解いてみたり、塾に通ったりするだけでは受検生になったとは言えず、当然成績アップもかないません。

 まずは自分の現状把握(げんじょうはあく)をしっかりしましょう!!


掲載日:2020年3月23日
次回の掲載は、2020年4月27日の予定です。

[2020/02/24] だれもが最高の宝を手に入れた!!


すべての公立中高一貫校で入試が終わりました。受検を終えたみなさん、本当にご苦労様でした。そして、これから受検勉強を本格的に始める小学5年生のみなさん、ようこそ!!

 私たちライズは、塾生のがんばりで大分県立大分豊府中学校(120名定員)に35名合格し、合格者数では県下ナンバーワンの塾になりました。しかしながら、不合格だった塾生がいるのも事実です。

 ただし、受検結果がどうであろうと、1年間受検勉強を一生けん命にがんばってきたという事実は裏切りません。思い通りの結果が出なかった人は、これから通う中学で、一生の親友ができるかもしれません。人生を変える先生に出会うかもしれません。入学してよかったと思うことが起きる可能性は十分にあるわけです。

 つまり、大切なのは「考え方」です。この合否はゴールではありません。この合否を受け止めて、次に進むことが大切です。合格し、それにうかれて勉強せず、成績がふるわない6年間を過ごす人もいます。不合格だったけれど、それをバネに中学校に入学してずっとトップを走り、次の高校入試や大学入試でよい結果を出す人もいます。

 要は、「よし! 中学でもがんばるぞ!」と考えてほしいわけです。そうすれば、この1年間受検勉強に打ちこんだ努力が、中学で花開いていきます。

 いま、みなさんは新たなスタートラインに立ちました。そのことを自覚し、これまでの努力を糧(かて)に最高の中学校生活をスタートさせましょう!!

 みなさんがこの1年間で身につけた最高の宝は「学習習慣」です。それを大切にしてください。


掲載日:2020年2月24日
次回の掲載は、2020年3月23日の予定です。

[2020/01/27] 礼に気をつけるだけで印象が変わります


 いよいよ受検本番という人も多いでしょう。緊張しますね。

 私達ライズの受検は1月はじめに終わり、結果も出ました。過去最高タイの合格者数で、ほっと胸をなでおろしています。これから本番をむかえる人は、ぜひがんばってください。

 さて、今回は面接のときの「礼」についてお話しします。みなさんが受検する公立中高一貫校では面接試験がありますか。あるとしたら、その対策はできていますか。

 礼にはいくつかの仕方がありますが、面接でよく使うのが30度の礼です。30度といわれてもどのくらいかわからないかもしれません。目安としては、
 礼をして自分の位置から2メートル位前の床を見る
と考えてください。

 2メートルといえば、試験官の足元くらいになることが多いので、それを目安に目線を下げればちょうどよくなります。逆に、礼をしたときに自分の足下が見えているのは、深く頭を下げすぎています。ちょっと頭を起こしながら礼をするくらいがきれいです。

 背筋がのびていれば、頭が下がりすぎないはずです。背筋を伸ばすには「背骨に長い棒をはりつけている」というイメージを持てばよいでしょう。

 もう一つ、礼をきれいに見せる方法があります。礼をするときに、頭を下げるのではなく
 おしりを後ろにつき出す
ようにする、というものです。

 礼をするとき、多くの人が頭から下げようとしたり、腰(こし)を曲げて礼をしようとしたりします。しかし、これでは手が動いたり、頭が下がりすぎたりして、あまりきれいな礼になりません。

 そこで、背筋をのばして、おしりを後ろにつき出すイメージで礼をすれば、きれいな礼になります。そうすると、足の裏側(背中側)が張ったようになるはずです。それを感じてください。

 そして、最後に大事なことは、
 一つひとつの動作を止める
という点にも気をつけましょう。

 礼と同時に「お願いします」や「失礼します」などと言う場面が多くありますが、そのときに「礼をしながら言う」のではなく、「お願いします」と言ってから、礼をしましょう。

 また、礼が終わるか終わらないかのうちに歩き出したり、次の動作に入ったりしないという点にも注意しましょう。一つひとつの動作を1回ずつ止めるように意識すれば、きれいな礼、きれいな動作になります。

 ぜひ事前に何度も練習して本番に活かしてください。礼に気をつけるだけで印象が変わり、合格をたぐり寄せることができます。


掲載日:2020年1月27日
次回の掲載は,2020年2月24日の予定です。

[2019/12/23] 単位換算の問題を落ちついて考えよう


 今回は単位換算の問題を取り上げます。公立中高一貫校入試でよく問われるものの,苦手意識を持っている人が多いんですよね。ぜひ,この単元の総復習をお願いします。

■問題
絵 理:2020年は東京オリンピックが開かれる年だね。
はるお:そうだよ。マラソン競技は札幌市で開かれることが決まったけど,その分,好タイムが期待できそうだね。
絵 理:現時点での世界記録はどのくらいなのかしら。
はるお:インターネットで調べてみると,2018年にドイツでおこなわれたベルリンマラソンで,ケニアのエリウド・キプチョゲ選手が出した2時間1分39秒が世界記録みたいだね。
絵 理:これって,秒速に直すとどのくらいの速さなのかしら。
はるお:よし,計算してみよう。まず,マラソン競技のきょりは42.195kmと決まっていて,これをmに直して,さらに,2時間1分39秒を秒にすればよいから・・・。式は( ア )m÷( イ )秒で求められるね。

問い ( ア )と( イ )に当てはまる数をそれぞれ答えなさい。

■解答
( ア ) 42195
( イ ) 7299

 とても簡単な問題だと思うのですが,ケアレスミスは後を絶ちません。たとえば( ア )を「421.95」と答え,小数点の移動をまちがえる児童がいたり,( イ )を「1時間=360秒」(正しくは1時間=60分×60秒=3600秒)と考えて,「360×2+60+39=819秒」と答えてしまったり・・・。

 ちょっと立ち止まって考えれば誤答だと気づきそうですが,入試本番ではそれができないわけです。いずれにしても,秒速の意味を正しく理解しておくことが大事ですね。

 今回は速さと時間,きょりを取り上げましたが,それ以外にも面積や体積なども入試必須(ひっす)です。必ず得意分野にして入試本番に臨(のぞ)みましょう。


掲載日:2019年12月23日
次回の掲載は,2020年1月27日の予定です。

[2019/11/25] 複数の資料を読み取る問題で気をつけたいこと


 入試直前期に入りました。ラストスパートをかけていく時期ですが,同時にあせりが見えかくれし始める時期でもあります。しかし,それだからこそ,地に足をつけて1つひとつ大切なことを積み上げ,最後の最後まであきらめずにしっかり準備していきましょう。

 さて,今回は公立中高一貫校入試で大変よく出題される問題について考えます。どんな問題か。それは,複数の資料を読み取る問題です。多くの受検生が苦手でしょう。

 資料読み取り問題は公立中高一貫校入試の定番ですが,近年は1つの図や表,グラフを読み取る問題というのはまれで,多くは複数の資料から読み取れることをまとめるのがふつうです。

 こういった問題でのポイントは大きく3つあります。

 1つ目は,問題文をよく読んで,何が問われているのか,または,何を答えなければならないのかをしっかり読み取るということです。
 あたりまえに思うかもしれませんが,言うは易く行うは難しで,これがなかなか難しい。しかも,入試本番ではいつもの冷静さを失ってしまって,気が動転する可能性が高く,余計に問題文を軽んずる傾向があります。しかし,それではいけません。

 また,問題文を正確に理解しなければ,複数の資料から実にいろいろなことが読み取れてしまい,何を書けばよいのかが一向に定まっていきません。これでは合格に近づけませんね。つまり,問題文を正確に理解することで,それに合った内容を複数の資料から読み取ることができるようになるのです。

 さらに,指定語句や字数,書き方などの条件があれば,それらも必ずチェックし,絶対に見落とさないようにしましょう。条件を見落とすと,どんなによい答案を書いても0点になると覚悟(かくご)しましょう。実際に0点になります。減点で終わるほど公立中高一貫校入試は優しくありません。

 2つ目は,複数の資料を必ず「関連づける」,または「因果関係を見つける」ということです。
 そもそも,なぜ複数の資料が出題されるのかを考えてください。それは,それらの資料が関連している,または,そこに因果関係があるからです。

 たとえば,連休中の観光施設の入場者数をまとめた表と,同連休中の天候をまとめた表が出題されたとします。表からは,屋内施設の入場者数が増えた一方で,屋外施設の入場者数が少なったことと,同連休中は雨の日が続いたことが読み取れたとします。さて,みなさんはここからどのような関係性を見い出しますか。

 当然,雨の日が続いたために,屋外施設よりも屋内施設に人気が集中したということですね。つまり,天候と観光施設の入場者数には因果関係があるわけです。

 いま挙げた事例に限らず,複数の資料が出題されるということは,必ずそれらには何らかの関係性があると考え,それを解答に盛りこむ必要があると判断しましょう。

 3つ目は,答案に盛りこむことと盛りこまないことの取捨選択をするということです。

 資料読み取り問題で自分の意見や自分が考えたこと,または,自分が事前に知っていることなどを書くというのは論外ですが(問題文で問われている場合をのぞく),それ以外にも,答案に盛りこむ必要がないことがあります。反対に,解答に盛りこまなければ問題文で問われていることを満たさない内容もあります。そういったことの取捨選択をしなければ,必要十分な答案に仕上がりません。

 特に,字数が制限されている問題の場合,書く必要のないことを書いてしまったために,書くべき内容が書けなくなって失点につながるというケースが増えています。大変もったいない話ですね。

 そういうことがないように,答案に盛りこむ内容を問題用紙にメモ書きして,もれがないようにしましょう。

 以上,複数の資料を読み取る問題で気をつけたいことを3つ述べました。入試直前期だからこそ得点力を身につける絶好の機会だと考え,これらのポイントを参考にして,過去問演習などに取り組んでいってください。最後の最後までねばり強くがんばりましょう。


掲載日:2019年11月25日
次回の掲載は,2019年12月23日の予定です。

[2019/10/28] 聞き取り問題はしっかりメモを取りましょう


 今回は,一部の公立中高一貫校で出題される聞き取り問題を取り上げます。実はこれ,入試直前期の対策で十分得点源にできます。先にポイントを言ってしまえば,「いかに上手にメモを取るか」です。

■放送文
 ひろとさんとあおいさんは,ALTのローズ先生にインタビューしました。これから,その一部を放送します。
ひろと:ローズ先生は日本に来てから何年たちますか。
ローズ先生:9年になるわね。
あおい:もうそんなにいるのですね。9年もいると日本のこともくわしくなりましたか。
ローズ先生:そうね。もう私が住んでいる地域については,ばっちりね。日本語もだいぶ上達してきたしね。でも,はじめのころはまったくわからなくてとても困ったのよ。
ひろと:それはどういったことですか。ぜひ教えてください。
ローズ先生:一番困ったことは,コミュニケーションね。私自身まだ日本語がほとんどわからない状態だったこともあるし,日本の店員さんや施設の方も英語があまり話せなかったという点でかなり苦労したわ。

問1
 ひろとさんはインタビューのはじめにローズ先生に何をたずねましたか。

●解答例 ローズ先生は日本に来て何年たつか
●誤答例 日本に来て困ったこと

 落ち着いて放送文を聞けばわかりますが,「日本に来て困ったこと」はローズ先生への3つ目の質問です。放送開始直後から1,2というようにメモを取りましょう。

問2
 ローズ先生は,日本でどのようなことに困りましたか。

●解答例 日本人とのコミュニケーション
●誤答例 コミニケーション,コミニュケーション

 放送文を聞いたときに言葉がわかるように日ごろから正しい言葉を習得しておく必要があります。

 公立中高一貫校入試の聞き取り問題では,放送文を「順序よく」かつ「正確に」理解するという2つのことしか問われません。そのため,順序よく理解するためには,くり返しになりますが,1,2というようにメモを取るくせをつけましょう。また,正確に理解するためには,日ごろから正しい言葉を知り,使いこなせるようになると同時に,キーワードとなる言葉に敏感(びんかん)に反応できるようになっておきましょう。それさえできれば,必ずや聞き取り問題を得点源にできます。


掲載日:2019年10月28日
次回の掲載は,2019年11月25日の予定です。

[2019/09/23] ラクをするために全力をつくす!!


 公立中高一貫校入試が近づき,受検(受験)勉強も日増しに熱を帯びてきていると思います。この時期になると,過去問をふくめて,問題演習とそのやり直しのくり返しが勉強の主流になってきますが,このやり直しが最後の追い上げのかぎをにぎっています。
 このとき,必要な考え方の一つに「いかにラクをするか」というものがあります。特に,計算問題で大事なことは「速く正確に解くこと」,つまり「ラクをすること」なのです。

 具体的に考えていきましょう。

■問題
 地球儀(ちきゅうぎ)と紙テープを使って,東京からシドニーまでのおよそのきょりを計算しました。紙テープの長さは,地球儀の赤道は80cm,東京からシドニーまでは16cmでした。このとき,東京からシドニーまでのおよそのきょりを求める計算方法を説明し,およそ何kmになったかを答えなさい。ただし,地球は球とし,赤道1周の長さは4万kmとします。


 この問題をスケールの大きい縮尺(しゅくしゃく)の問題と考え,「4万kmは4000万mで,40億cmだから,縮尺を5000万分の1とすると,16cmを5000万倍して8億cm,つまり8000kmだ」と計算した人がいるかもしれません。しかし,これは少々強引で,何より面倒です。

 実際の正答例を見てください。

■正答例
地球儀での東京からシドニーまでの16cmに対して,赤道の80cmは,80÷16=5(倍)で,地球の赤道は4万km,これは地球の割合と同じなので,40000÷5=8000(km)
よって,東京からシドニーまでのおよそのきょりは8000kmだと求められる。


 16cm:□km=80cm:4万kmという比例式にもとづいた計算方法です。ずいぶん楽ですね。
 縮尺の計算方法もまちがいではありませんが,ミスをしやすく時間もかかります。素直に,よりラクな方法を受け入れ,今後に生かすことが重要です。

 また,さらに学力をつけるために大事なことは,ほかにラクな方法がないかを考えることです。

 たとえば,80cm:4万km=16cm:□kmを考えると,16cmは80cmの0.2倍だから,4万kmの0.2倍で8000kmだ!!というように,別の解法も考える習慣をつければ,各段に算数力が向上します。

 入試本番で「ラクをすること」は「速く正確に解くこと」につながります。多くの武器(解法)を身につけることが大事です。過去問などのやり直しでは,その習得を意識しましょう。

 もっとラクな方法を全力で探す。これが,強い学力と合格を引き寄せるための重要な考え方です。みなさんももっと「ラク」ができるように,残りの時間,完全燃焼していきましょう!!


掲載日:2019年9月23日
次回の掲載は,2019年10月28日の予定です。

[2019/08/26]「説明しなさい」と問われたらどう答える??


 今回は,公立中高一貫校入試で最も出題形式の多い問題を取り上げます。それは,言わずと知れた「~を説明しなさい」という問題です。

 結論をいえば,この手の問題でとても大切になってくるのは,「結論だけを書いて終わらせない」ということです。特に,設問(問題文)を読みこんで,出題者が何を答えてほしいのかを見ぬけるようにしてほしいと思います。一例を挙げましょう。

■問題
 バーベキューで使う炭に火をつけるとき,ブロックですきまを設けて,その上に底のないドラムかんを置き,その中に新聞紙と炭を入れると,すぐに火が付いて燃え続けます。その理由を説明しなさい。

■解答例1 空気がじゅんかんするから。
■解答例2 ドラムかんの中に空気が入るから。
■解答例3 酸素が入れかわるから。

 さて,これらの解答例はどれもまちがっていません。しかし,公立中高一貫校入試では減点される可能性が高いでしょう。その理由は,「すぐに火が付いて燃え続ける理由」を述べたとは言いがたいからです。「燃える」のではなく「燃え続ける」と問われている以上,解答もそれに沿った内容が求められます。

■正答例
火をつけると,ドラムかんの中で温められた空気が上にいき,空気の流れができる。それにともなって,下から新しい空気が入り続けるからである。

 いかがでしょうか。問われているのは,内容の正しさだけではないということがご理解いただけるかと思います。設問(問題文)でドラムかんを利用している以上,「ドラムかんの中で温められた空気が上にいく」ということを書かなければ,ドラムかんの役割をまったく説明していないことになり,それゆえに「燃え続ける」ことにつながりません。

 9月以降,みなさんは志望校の過去問などに取り組んでいくことになります。ぜひ,現象に対する結果や事実だけでなく,さらに深く理由やとちゅう経過を説明できるように練習を重ねていきましょう。


掲載日:2019年8月26日
次回の掲載は,2019年9月23日の予定です。